g-lad xx

NEWS

東京ディズニーリゾートでの同性結婚式がOKに

 東京ディズニーリゾート(運営:オリエンタルランド)は、新プラン「ディズニー・ロイヤルドリーム・ウエディング」を2012年3月23日に発表し、シンデレラ城で夢のような結婚式ができるとあって、話題になりました。が、24日、宝塚歌劇団出身でオープンリー・レズビアンの東小雪さんが「女性同士のカップルがウエディングドレスを着て利用できますか?」と電話で質問したところ、「同性カップルの場合、一方が男性に見える格好で、もう一方が女性に見える格好でないと利用できない」と言われたため、「なぜ同性同士に見える服装ではダメなのですか?」と聞いたところ、「ホテルの中だけでなくパーク内で行いますので、一般のお客様への影響を考えると難しい」という回答でした。東さんは「どんな影響があって、なぜダメなのか」について会社の公式見解を示していただくことにしました。
 この東京ディズニーリゾートの回答には、Twitter上でたくさんの批判の声が上がりました。東京ディズニーランドは10年以上前に「ゲイ・デー」(ゲイだけで貸し切るのではなく、共通のTシャツを着て遊ぶというもの)を公認したり、本国と同様、ゲイフレンドリーと思われていただけに、今回の回答は残念なものと受け止められました。

 そして4月2日、東京ディズニーリゾートから、本国のウォルト・ディズニー社に確認したうえで「可能」だとする公式見解が届いたそうです。
 東小雪さんのblogによると、ディズニーからの回答は以下の通りです。
「お客様のご希望のご衣装、ウエディングドレス×ウエディングドレスで結婚式を挙げていただけます。
 ディズニーロイヤルドリームウエディング、ホテルミラコスタ、ディズニーアンバサダーホテルで、いずれのプランでも、ウエディングドレス×ウエディングドレスで承ることができます。(タキシードxタキシードもOK)
 ただし、キリスト教式(チャペル)での挙式は、教義上の理由からご利用いただけません。
 挙式は『人前式』のみのご利用となります。
 前回の『同性カップルの場合一方が男性に見える格好で、もう一方が女性に見える格好でないと結婚式ができない』という回答は、社内での認識が不完全だったこともあり、間違ったご案内をしてしまいました。
 再度社内と、米国ウォルトディズニーカンパニーに確認をして、こちらの正式回答とさせていただきます。」

 黙っていれば門前払いだったかもしれない、ゲイやレズビアンのカップルによるダブル・タキシード、ダブル・ウエディングドレスでの結婚式が、アクティビストでもある東さんの働きかけのおかげで可能になりました。
 決してお安くはないプレミアモノのウエディングプランなので、実際に利用する方がどれだけいらっしゃるかはわかりませんが、「できる」「開かれている」ということが大事ですよね。
 とても素晴らしいニュースでした。


「同性利用もOK」と正式回答 東京ディズニーリゾートの結婚式プラン(J-CAST)
http://www.j-cast.com/mono/2012/04/04127828.html

INDEX

SCHEDULE