g-lad xx

NEWS

橋口亮輔監督の最新作『ゼンタイ』の試写会がArcHで開催

[+dr.title+]
 橋口亮輔監督は、1993年、ウリ専でバイトする学生を主人公とした『二十才の微熱』を発表し、自身がゲイであることを公表しました(当時としてはスゴいこと。現在でもメジャーな映画監督の中でカミングアウトしているのは橋口さんだけです)。1995年には、ゲイの男の子と友人の女の子(浜﨑あゆみさんが演じていました)、ノンケの男の子の三角関係を描いた『渚のシンドバッド』を発表、ロッテルダム国際映画祭でグランプリを受賞しました。2001年発表の『ハッシュ!』では、友人の女性に子どもを産んでもらおうとするゲイカップルを描き、カンヌ国際映画祭に招待されるなど、高く評価されました。その後、監督はうつ病を経験しましたが、その体験を生かし、2008年『ぐるりのこと。』を発表しました(主演の木村多江さん、リリー・フランキーさんが多くの映画賞を受賞しました)

 そんな橋口監督の最新作『ゼンタイ』が、8月31日からテアトル新宿にてレイトショー公開されます。『ゼンタイ』は、全身タイツを着用することで性差や外見、プライドや職業といった様々な「意味」から自由であろうとする人々を描いたオムニバス作品。「草野球」や「コンパニオン」「発泡酒」「レジ店員」「主婦」にまつわる痛々しくもユーモラスなエピソード群が、カラオケボックスで行われる全身タイツ愛好家たちのオフ会に集約されていきます。
 
 そして、一般公開に先立ち、8月20日(火)、新宿二丁目「ArcH」で特別試写会が開催されることになりました。10組20名様をご招待いたします。以下の応募要項をご一読いただいて、ぜひ、みなさんもご応募ください。ゲイだらけで橋口さんの新作を楽しめる素敵な企画に参加しましょう。

『ゼンタイ』新宿二丁目ゲイメディア特別試写会
日時:8月20日(火)18:00開場 18:30開映(上映時間62分)
会場:ArcH
入場無料
応募方法:氏名・年齢・連絡先(メールアドレス)をご記入の上、info@clubarch.net 宛てにご応募ください。
募集人数:10組20名様
応募締切:8月17日(土)23:00必着
※当選された方へはメールでお知らせいたします。
※監督・出演者の登壇はございません。

ゼンタイ
2013年/日本/監督・原案・脚本:橋口亮輔/製作・配給:(株)テンカラット、アプレワークショップ、映画「ゼンタイ」を応援する会/出演:篠原篤、中島歩、成嶋瞳子、岩崎典子/2013年8月31日(土)からテアトル新宿でレイトショー

INDEX

SCHEDULE