g-lad xx

NEWS

レインボーマーチ札幌に1100名超が参加、有終の美を飾りました

 9月15日(日)、レインボーマーチ札幌ファイナルが開催され、最後のレインボーマーチに参加しようと、全国各地から1100名を超える方たちが集まりました。

 台風18号の影響もあってあいにくの雨模様となりましたが、行進がスタートする13時には雨もやみ、実行委員会フロートやゲイバーフロート、女の子フロート、東京・名古屋・大阪合同フロートなどが次々に出発していきました。大通公園を出発したパレードの一行は、テレビ塔前から市内中心部を回り、札幌駅前通りで約2000個のレインボー風船を空に放ち、大通公園へと帰着、約4キロのコースを晴れやかに歩きました。

 プライド集会では、「新虹」によるエイサーの演舞、恒例のベストドレッサー賞の発表などのあと、残念ながら現地には来られなかった上田文雄市長のスピーチ(録音)が流れ、実行委員長のまさしさんがご挨拶(目標の1つだったビジビリティの向上という点では一定の成果を見た、これから次のステージに進んでいきたい、という前向きなものでした)。最後に参加者のみなさんで集合写真を撮り、レインボーマーチは17年の歴史に幕を閉じました。

 翌日の北海道新聞は「多様な性 認め合おう 1100人 札幌最後のレインボーマーチ」として社会面にカラー写真入りでレインボーマーチのレポートを掲載しました。

 g-lad xxでも近日中にレポート記事をお届けする予定です。

 

INDEX

SCHEDULE