g-lad xx

NEWS

職場環境改善につながるアンケートが実施されています

[+dr.title+]
 虹色ダイバーシティによる職場環境アンケートが、今年も実施されています。
 このアンケートは、セクシュアルマイノリティが働きやすい職場づくり、および、セクシュアルマイノリティも含む職場のダイバーシティ施策推進のための調査です。日本の職場で働いた経験のある方でしたらどなたでも回答できますので、ぜひご協力をお願いいたします。アンケートの結果は、統計処理の上、虹色ダイバーシティのホームページ等で公開される予定です。
 
 昨年行われたアンケートの結果は、Tokyo Rainbow Weekの期間中に「LGBTが働きやすい職場­とは〜アンケートから見えてきた現状〜」というシンポジウムで発表され(来日中だったヒューマン・ライツ・ウォッチのボリス・ディトリッヒ氏も「この調査結果は、日本のLGBTにとって非常に重要­なものだと思います」と述べています)、企業向けのセミナー(たとえばこちら)や、行政の職員向けの研修(たとえばこちら)などに活かされてきました。

 職場が生活のなかで占めるウェイトは決して小さくなく、セクシュアルマイノリティが働きやすい職場なのか、働きづらい(たとえば男尊女卑的な言動やハラスメントが横行している)職場なのか、によって、人生がだいぶ変わってくると思います。虹色ダイバーシティこれを改善していくための団体ですので、ぜひ、あなたの声を届けてください。すぐにではないかもしれませんが、少しずつ変わっていくきっかけになると思います。 


LGBTに関する職場環境アンケート
https://jp.surveymonkey.com/s/SBCDMSH
回答期間:2014年3月31日(月)まで
問合せ:特定非営利活動法人虹色ダイバーシティ

・パソコン端末、スマートフォン、タブレット端末から回答可能
・全30問(標準回答時間 15分~20分)
※アンケートの対象者は、日本の職場で働いた経験のある方です。アルバイトなどの非正規雇用も含みます。
※会社名やメールアドレスなど、個人が特定可能な情報を記入する箇所はありません。
※セクシュアルマイノリティの方も、そうでない方も回答できます。
※複数の方が同じ端末から回答することはできません。

INDEX

SCHEDULE