g-lad xx

NEWS

札幌の英語スピーチコンテストで17歳の高校生がカミングアウト

[+dr.title+]
 昨年11月、札幌で開催された高校生の英語スピーチコンテストで、17歳の男子高校生・山岸建登さんがゲイであることをカミングアウトし、感動のスピーチを行いました。

 このことは、日本のメディアでは全く取り上げられませんでしたが、今年の2月に「Stonewall Japan」がこのスピーチの動画をYoutubeにアップし、アメリカの「Towleroad」や「Advocate」がニュースにしたことで、北丸雄二さんがこれを日本のコミュニティにも知ってほしいと、Twitterで全文訳をつけて知らせてくれて、ようやくぼくらの元にも届けられたのでした。(全文訳を含む北丸さんの思いが、こちらにまとめられています)

 山岸建登さんは、ロシアの反ゲイ法のことからスピーチを始めました。ソチ五輪をボイコットする動きもあったこと、この差別的な法がオリンピック憲章に反しているということ。「どうしてゲイの人たちは差別に直面しなくてはいけないのでしょうか?」と彼は問いました。「異性愛者じゃないから? 同じジェンダーの人を愛することが罪になるから? 法は、愛や人々の感情をコントロールすることなどできません」
 そして彼は、キング牧師の歴史的な演説「I Have a Dream」に言及し、ゲイであることをカムアウトして、こう語りました。「ぼくはゲイです。中学生の時から自覚していました。誰にも言わなかったけど、なぜかクラスメイトは気づいたようで、ぼくは拒絶され、人間じゃないかのように扱われました。ある女子生徒はこう言いました。『あなたのような人が存在しているなんて信じられない』。その言葉で、ぼくは完全に孤立しているんだと感じました。高校生になって、ぼくはそのことを秘密にし、誰にも言わずにいようと決めました」。しかし彼は、キング牧師の「信じるところに従って最初の一歩を上がりなさい。階段全部をわかっている必要はない。とにかく一歩踏み上がるのだ」という言葉に励まされ、もう隠し続けることはやめようと考え、このスピーチの場で、勇気を出してカミングアウトしたのです。
「日本のゲイの人たちの多くは、自分が本当は何者であるかを隠しています。なぜなら拒絶されることを怖れているから。怒りの言葉や暴力ではなく、孤立というかたちの拒絶です。日本でゲイであるということは、とても孤独なことなのです」
「ぼくには夢があります。いつか、北海道の牧草地で太陽の下、ゲイの人たちとストレートの人たちがいっしょにBBQをする日が来ることを。ぼくには夢があります。理解できない者に対する差別の原因となる偏見や憎悪、無関心などない世界になることを。それは困難な道のりでしょう。しかし、勇気をもとうと思います。自分のためだけではなく、他の若いゲイの子たちのためにも」

 山岸建登さんは、この素晴らしいスピーチで特別賞を受賞しました。
 そして、北丸雄二さんは、自身が担当するTBSラジオ「デイ・キャッチ!」のニュースクリップのコーナーで、彼に電話インタビューを行い、彼を讃えました。番組のキャスターの方たちも全面的に応援するスタンスで語っていたのが素敵でした(こちらで聴くことができます)

INDEX

SCHEDULE