g-lad xx

NEWS

デボラ・ハリーがバイセクシュアルであることをカミングアウト

[+dr.title+]
 1979年に「Heart Of Glass」を、1980年に「Call Me」を大ヒットさせたバンド「ブロンディ」のボーカルをつとめていたデボラ・ハリーが、バイセクシュアルであることをカムアウトしました。

 70年代のセックスシンボルだった(世界中のティーンが彼女のピンナップを寝室の壁に貼っていた)デビー・ハリーは長い間、女の子とも関係をもっていたと噂されており、そのことについて尋ねられると、「そうよ」と答えました。「女性のほうが男性より官能的よ」
 デビーはブロンディのギタリスト、クリス・スタインと16年つきあっていましたが、1989年に別れました。女性の恋人がいたという話はありません。「特別な要求をしてきたかどうかは知らない。素敵な人もいた。ユーモアのセンスがあって、セックスが大好きで。それ以上何を望むの?」
 彼女は結婚したこともなく、母親に憧れたこともないと語りました。「ピンとこなかったの。自分が特別いいとも思ってないけどね。怖かったの」
 
 ブロンディは1974年に活動をスタートさせ、1982年に解散しました。15年のブランクの後、再結成され、今年は10枚目のアルバム「Ghosts Of Download」を発表する予定です。ハリーはそのライナーノーツに彼女の音楽産業における「クレイジー」な経験を書きたいと思っているそうです。
「新しい音楽をやって、このクレイジーな世界に何年もつかるのは幸せなことよ」
「自分の人生にアップダウンがあるなんて思わなかった。とても興味深い経験ね。私にとってそれがどんな感じか、本を書いてみたい」
 
 ブロンディはその人気によって今年のソチ五輪に招かれていました。が、ハリーはそれをすぐに拒みました。ロシアの反同性愛法があったからです。
「個人の選択や本能から出てくることをどうしてそんな大ごとにするわけ? 野蛮だし、愚かよ」

 デボラ・ハリーは、マドンナやレディー・ガガにも影響を与えてきた存在です(マドンナは「世界一カッコいい人に見えた」と語っています)。ハリーもまた、ガガについて「ガガはとても才能があって、正気じゃないところがちょっとある。彼女の存在はとても励みになるわ。今のアメリカの音楽界はとても保守的で、検閲しようとする動きさえある。ガガのようなアーティストはこういう時代に必要なのよ」とコメントし、応援のスタンスを見せています。 
 また、かつて彼女がそうであったようなティーンのアイドル、リアーナやマイリーサイラスは、きわどいパフォーマンスで批判もされていますが、そんな彼女たちをハリーは擁護しています。「私も若いときはセクシーすぎるって批判されたわ。今の彼女たちに比べたらイノセントすぎるけどね」「彼女たちは、自身が感じ、考えるままに表現する権利がある。とても輝いて見えるわ。今のスタンダードを生み出してると思う」
 
 

My 'sensual' nights with women, by Debbie Harry: Blondie star reveals she is bisexual despite relationship with bandmate(Dailymail)
http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2597774/My-sensual-nights-women-Debbie-Harry-Blondie-star-reveals-bisexual-despite-relationship-bandmate.html

INDEX

SCHEDULE