g-lad xx

NEWS

「ネオン・トゥリーズ」のタイラー・グレンがカムアウト

[+dr.title+]
 「アニマル」をヒットさせたユタ州出身のオルタナ・バンド「ネオン・トゥリーズ」(2011年のサマー・ソニックに参加した方はそのライブをご覧になっているかもしれませんね)のボーカル、タイラー・グレンが、ゲイであることをカムアウトしました。

 『RollingStone』3月28日号でタイラーは「ぼくはいつも開いた本のようなものだと感じていた。そして、明らかに、カンペキじゃなかった」と語っています。
 タイラーは、子どもの頃からゲイだと自覚していたといいます。でも、誰にも言えませんでした。「高校時代を通じて、男の子には打ち解けられなかった。20代になってやっと、それが圧倒的なものになってきた。だから、女の子とつきあってみたりした。世界でいちばん気分が悪い体験だったよ」
「ぼくらはいつも(教会から)そうあるように教えられるけど、『寛容』って言葉が嫌いなんだ」
「提案8号がやってきたとき、違うと感じた」
 モルモン教会は、カリフォルニア州の同性婚を認めさせないために2200ドルを注ぎ込みました。

 タイラーは自身のFacebookで「ぼくにとって、カミングアウトは最も純粋な平和を見つけることなんだ。魂の絶対的な定住。ぼくが進むべき道の最もクリアなビジョン」と語っています。
「ぼくは今30歳。これ以上死にたくない、本当に生きたいと思った。正直に、完全に。今はただ、正直でいたいんだ」
「カムアウトしなきゃなんて今まで考えたこともなかった。ぼくは犬といっしょに住んで、ビーチかどっかに住んでるパートナーのことは隠したまま50歳になるんだと思ってた」

 タイラーは3枚目のアルバムの曲を書き終えた2013年10月、近しい友人や家族にビッグニュースを伝えはじめました。そして今、彼はセクシュアリティをオープンにしている著名人たち—、とりわけ、困難に直面しているアスリートたちから影響を受け、カムアウトしました。
「最近カムアウトしたアスリートたちを心から敬愛している。『僕はボーイフレンドと手をつないで映画を観に行けるようになりたいんだ』と語ったマイケル・サムに感謝している。ボーイフレンドってなんて素敵なんだろう」



Neon Trees' Tyler Glenn Comes Out as Gay in Rolling Stone(RollingStone)
http://www.rollingstone.com/music/news/neon-trees-tyler-glenn-comes-out-as-gay-in-rolling-stone-20140324

Neon Trees singer Tyler Glenn came out as gay because 'I don’t want to die anymore. I want to really live'(GayStarNews)
http://www.gaystarnews.com/article/neon-trees-singer-tyler-glenn-came-out-gay-because-i-don%E2%80%99t-want-die-anymore-i-want-really-li

INDEX

SCHEDULE