g-lad xx

NEWS

東京レインボープライドに15,000人参加、安倍昭恵さんや夏木マリさんも

 4月27日(日)、第3回東京レインボープライドが開催され、快晴の空の下、約3,000人がパレードしました。また、沿道で応援していた方が約2,000人、会場に来られた方が約10,000人で、合計約15,000人が参加し、過去最高記録を更新しました。
 
 東京レインボープライドのニュース、パレードの模様を収めた動画は日テレや朝日新聞デジタル、時事通信など多くのWebニュースで報道されました。
 朝日新聞では、「すごい開放感。仲間がたくさんいて、一人じゃないとわかった。沿道の人も手を振ってくれたりハイタッチをしたりしてくれて、LGBTかどうかに関係なく理解しあえると感じました」という参加者の声や、同性婚のこと、東京レインボーウィークのイベントなどを紹介していました。
 ウォール・ストリート・ジャーナルでは、東京レインボープライドの代表、山縣真矢さんへのインタビューが掲載されています。
 HuffingtonPostの記事はさらに充実していて、海外の同性婚事情などを紹介し、「日本で同性婚は認められるのか」ということについて、多くのパレード参加者からの意見を掲載していました。
 
 さまざまあったニュースのなかでも、特に安倍昭恵さんや夏木マリさんがパレードに参加したことが大きく取り上げられました。

[+dr.title+]
 日本のファーストレディである安倍昭恵さんは白いスーツ姿でHOSSYさんや長谷川博史さん(JaNP+)とともに「Living Together」フロートに乗り、パレードの参加者や沿道の人たちに笑顔で手を振っていました。
 パレード後には自身のFacebookで、国連合同エイズ計画(UNAIDS)と英医学誌『ランセット』が設立した委員会に昨年参加してからこの問題に関わってきたと語っています。「全ての人が差別されることなく幸福で豊かな人生を送れる社会を築く手助けをしたい」と述べ、パレードについては「たくさんの笑顔に満ちた楽しい時間を過ごすことできた」と謝意を示しています。
 また、こちらに昭恵さんへのインタビューが掲載されています。
 昭恵さんは、昨年8月、二丁目のコミュニティセンター「akta」を訪問しています(同年6月のアフリカ開発会議で開催されたエイズのシンポジウムがとりもったご縁だそうです)
 
[+dr.title+]
 ステージのトリを飾った夏木マリさんは『CRY BABY』など4曲を披露。曲間のトークでは「みんなに会えてうれしい。愛の形っていろいろある。隣人愛も恋愛も京大愛も。人は愛で自分を知る。愛することは自分を知ること。どんな形でも、生きて生きて生きて。光り輝く、そういう日本にしよう」と語り、盛大な拍手を贈られました。最後には「Over the Rainbow」を歌い、会場のみなさんもいっしょに歌うなど、感動的な盛り上がりを見せました。

 g-lad xxでも近日中に、東京レインボープライドのレポートをお届けします。

 

LGBTへの理解求めパレード 安倍昭恵さんらも参加(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASG4T6SKQG4TUTFL00C.html

安倍首相夫人、性的少数者の平等訴えるパレードに参加(ウォール・ストリート・ジャーナル)
http://realtime.wsj.com/japan/2014/04/28/%E5%AE%89%E5%80%8D%E9%A6%96%E7%9B%B8%E5%A4%AB%E4%BA%BA%E3%80%81%E6%80%A7%E7%9A%84%E5%B0%91%E6%95%B0%E8%80%85%E3%81%AE%E5%B9%B3%E7%AD%89%E8%A8%B4%E3%81%88%E3%82%8B%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89/

安倍首相夫人、都内のLGBTパレードに参加(AFP)
http://www.afpbb.com/articles/-/3013704

夏木マリ、愛を説く「人は愛で自分を知る」(日テレ)
http://news24.jp/entertainment/news/1633585.html

「日本では同性愛を話題にすらしない」LGBTの祭典「東京レインボープライド」参加者が訴え(The Huffington Post)
http://www.huffingtonpost.jp/2014/04/27/tokyo-rainbow-pride_n_5222427.html

INDEX

SCHEDULE