g-lad xx

NEWS

アリアナ・グランデがゲイの兄への差別発言に反撃

[+dr.title+]

アリアナ・グランデと
兄のフランキー・グランデ
『The Way ft. Mac Miller』『Baby I』『Right There ft. Big Sean』『Problem ft. Iggy Azalea』などをヒットさせ、いまや世界が注目するポップ・ディーバとなっているアリアナ・グランデ。ゲイ・クラブ・シーンでも人気になりつつあるのではないでしょうか。

 アリアナ・グランデの兄、フランキー・グランデ(シンガー&ダンサーとして活躍)はゲイであることを公にしていますが、あるアリアナのファンが兄の写真をインスタグラムにアップして「ホモ」と中傷したため、アリアナは怒り心頭、その失礼なファンに対して「あなたのいう"ホモ"は地球上で誰よりも強くて素晴らしい人。面白くて知的で、しかも優しい心を持っていてみんなに愛されているのよ。本当に素晴らしい人だし、私はとても誇りに思っているわ」と反論しました(なんと力強く、胸を打つ言葉でしょう…)

 アリアナは2012年、19歳のときに『J-14』というセレブ雑誌ですでにゲイの兄のことを擁護しています。「フランキーが学校に私を迎えに来ると、みんながこう言うの。『オーマイガッ…あなたのお兄さん、ゲイなの?』。私は怒ってこう言い返すわ。『そうよ、何か問題でも?』」「神は理由があってすべての人をこのように創られたの。誰もが自分自身の完璧なバージョンなのよ」(詳しくはこちら
 2013年にはオープンリー・ゲイのMIKAといっしょに『Popular Song』を発表。「クラスでいばってたイケメンや美女たちはすっかり落ちぶれたけど、いじめられっ子だった自分は歌手として成功!」みたいな歌詞で、PVもそこはかとなくゲイテイストでした。
 それから、今年の4月26日には、ゲイのリゾート地として有名なカリフォルニア州パームスプリングスで開催される毎年恒例のゲイ・フェスティバル「ホワイト・パーティ」で、新曲『Problem』を初披露しました。
 そして今年7月に公開された新曲『Break Free ft. Zedd』のPVでは、男の子どうしのキスがフィーチャーされています。
 
 新時代のゲイ・アイコンとも言うべきアリアナ・グランデ。これからも素敵なことをしてくれるはず。要注目!です。
 


アリアナ・グランデ、兄への差別発言にクールに反撃(ELLE ONLINE)
http://www.elle.co.jp/culture/celebgossip/ariana-grande_14_0818

INDEX

SCHEDULE