g-lad xx

NEWS

同性愛者が最も住みやすい国ランキング、日本は50位に

 8月27日、ギャラップ社が世界123ヵ国で「自分の国はゲイ&レズビアンにとって住みやすいか?」というアンケート調査を行い、その結果が発表されました。この調査は2009年から2013年にかけて国ごとに15歳以上の男女1000人ずつを相手に電話と対面質疑を通じて行われたもので、誤差範囲は±2.1%〜±5.6%、信頼水準は95%だそうです。
 この調査結果によると、 同性愛者に最も好意的な地域は欧州、最も敵対的な地域はアフリカとなっており、日本は世界で50位となりました。
 
 自国がゲイ&レズビアンにとって住みやすいと回答した人が83%と最も多かったのは、最も早く同性婚を実現したオランダでした。2位は82%のアイスランド、3位は80%のカナダ、そしてスペインやイギリス、アイルランドといった欧州の国々が続きました。
 一方、ワーストとなったのはアフリカのウガンダなど(アフリカは南アフリカ共和国を除いてほとんどが下位)、そしてパキスタン、インドネシア、アフガニスタンといったアジアのイスラム教国でした。ワースト1位〜7位の国では、自国が同性愛者に好意的だと思うと回答したのは全体のわずか1〜2%でした。(なお、サウジアラビア、アラブ首長国、エジプト、イラン、ナイジェリアなど、同性愛に対する質問自体に敏感な中東・イスラム圏国家などは今回のアンケートから除外されているそうです)
 その他のアジアの国々を見ると、フィリピンが22位、ネパールが27位、台湾が39位、カンボジアが48位で、日本が50位、韓国が69位、中国が70位などという結果になりました。

 以下、50位までのランキングをお伝えします。見方は左から順に、順位、国名、自国が同性愛者にとって住みやすいと思うと回答した人の率、住みにくいと思うと回答した人の率です。(全ランキングはこちら

1位 オランダ 83% 11%
2位 アイスランド 82% 4%
3位 カナダ 80% 12%
4位 スペイン 79% 14%
5位 イギリス 77% 11%
6位 アイルランド 75% 14%
7位 ベルギー 74% 12%
8位 オーストラリア 72% 10%
9位 マルタ 72% 12%
10位 ウルグアイ 71% 17%
11位 デンマーク 70% 9%
12位 アメリカ 70% 22%
13位 ニュージーランド 69% 10%
14位 スウェーデン 69% 8%
15位 ブラジル 68% 24%
16位 アルゼンチン 68% 25%
17位 フィンランド 65% 21%
18位 イタリア 63% 30%
19位 ドイツ 62% 24%
20位 コスタリカ 61% 33%
21位 フランス 59% 14%
22位 フィリピン 58% 38%
23位 オーストリア 56% 28%
24位 ニカラグア 54% 31%
25位 ポルトガル 53% 29%
26位 メキシコ 53% 32%
27位 ネパール 52% 28%
28位 チリ 52% 38%
29位 エクアドル 52% 40%
30位 ルクセンブルク 50% 30%
31位 コロンビア 50% 43%
32位 南アフリカ 49% 51%
33位 ベネズエラ 47% 43%
34位 パナマ 45% 45%
35位 スロベニア 40% 44%
36位 パラグアイ 44% 48%
37位 エルサルバドル 44% 50%
38位 チェコ 39% 33%
39位 台湾 39% 42%
40位 イスラエル 38% 49%
41位 シリア 36% 51%
42位 ペルー 35% 55%
43位 キプロス 34% 50%
44位 ハンガリー 32% 24%
45位 スロバキア 32% 36%
46位 ドミニカ共和国 32% 63%
47位 ボリビア 31% 58%
48位 カンボジア 29% 63%
49位 グアテマラ 29% 65%
50位 日本 28% 39%
 

同性愛者が最も住みやすい国はオランダ、最下位はアフリカ(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0GS07I20140828

INDEX

SCHEDULE