g-lad xx

NEWS

アップルのティム・クックCEO「ゲイであることを誇りに思う」

[+dr.title+]
 アップルのティム・クックCEOはこれまで、ゲイ雑誌『OUT』が選ぶ「影響力をもつゲイ50人」の第1位に選ばれるなど、ゲイであることが半ば公然の秘密となっていましたが、ティム・クック自身は一度もそのことについて語ってはいませんでした。が、このたび、初めて自身のセクシュアリティについて語る記事を『ブルームバーグ・ビジネスウィーク』誌11月3日号に寄稿しました。
 以下、ブルームバーグ日本版の記事および原文(Bloomberg Businessweek)の和訳によって、記事の全文をお送りします。

「私は職業人としての人生を通じて、基本的なレベルのプライバシーを維持しようとしてきた。私は平凡な家庭の出身で、自分に注意を引き付けようとは思わない。アップルは既に世界で最も注目されている企業だ。私は製品と、それを使ってできるさまざまな素晴らしい事に引き続き光を当てていきたいと考えている。
 同時に、私は「人生における最も大事な問い掛けは『自分は他人のために何をしているか』だ」というマーティン・ルーサー・キング牧師の言葉を深く信じている。私はしばしばこれを自分に問い掛け、プライバシーを守りたいという自分の願望が、もっと大事な何かをするのを妨げていたことに気が付いた。それが今日の寄稿につながっている。
 何年も前から私は、自分の性的指向について多くの人に明らかにしてきた。アップルでは大勢の同僚が、私が同性愛者であることを知っているが、それによって彼らの私に対する態度が変わるようには感じられない。もちろん、私は幸運だった。創造性と革新性を愛し、人々の多様性を受け入れることでのみそれらが開花できると皆が知っている会社で働いているからだ。誰もがこのように幸運な環境下にあるわけではないだろう。
私は自身の性的指向を否定したことはないものの、今まではこれを公に認めたこともなかった。ここではっきり言っておこう。私はゲイであることを誇りに思っている。ゲイであることは、神が私に与えた最高の賜物の一つだと考えている。
 ゲイであることで私は、少数派に属するというのがどういうことか、より深く理解できる。他の少数派グループの人々が日々直面しているチャレンジを垣間見ることができる。これは私が他の人に共感する力を高め、より豊かな人生を私にもたらしている。難しいことや居心地が悪いことも時にあったが、自分自身であること、自分の道を進むこと、逆境や偏見に負けないことへの自信ができた。面の皮がサイのように厚くもなった。これはアップルの最高経営責任者(CEO)としては都合がいい。
 私が子どもだった頃に比べ、世界は大きく変わった。アメリカは結婚平等法の時代へと進んでいる。皆に知られている人が勇敢にカムアウトしてきたことが、人々の見方を変え、われわれの文化をもっと寛容なものにするのに役立った。それでも、今でも多くの州には性的指向だけを理由に従業員を解雇することを認める法律がある。ゲイだという理由で大家から立ち退きを迫られたり、病気のパートナーを訪ねることや遺産の相続を妨げられたりするような場所もたくさんある。数えきれないほどの人々が、特に子供たちが、性的指向のために毎日恐怖や虐待に直面している」 
「私は自分が活動家だとは思わないが、他の人々の犠牲にどれだけ恩恵を与えられてきたかは認識している。だからもし、アップルのCEOがゲイだと耳にすることが、自身が何者かということで苦しんでいる人たちの助けになり、孤立感を感じている人たちの慰めになり、人々が平等を主張するようになるのであれば、私のプライバシーを差し出す価値があるだろう。
 私はこれが決して簡単な選択ではないと認めよう。プライバシーはなお私にとって重要だし、少しはとっておきたいと思っている。私はAppleの仕事に人生を捧げてきたし、起きている時間はほとんどすべて、できるだけ良きCEOであろうとすることに集中してきた。それが社員の望むことだし、顧客や開発者、製造業者、株主らが望んできたことだ。社会は進歩し、ある人物がその人の性的指向や性自認、人種によって規定されるのではないことが理解されるくらいにはなった。私はエンジニアであり、叔父であり、自然を愛する者であり、フィットネス狂であり、南部の出身であり、スポーツ信者であり…いろいろだ。自分が最もふさわしいと思うところのものや、私に歓びを与えてくれる仕事にフォーカスしてほしいと思う気持ちを尊重していただければ幸いだ。
 幸運にも私がリードしてきた会社は、長きにわたって社員の人権や平等を前進させてきた。私たちはカリフォルニア州における結婚の平等と同様、議会で決められる前に、職場での平等を強く支持する立場に立ってきた。そして私たちは、アリゾナ州でのゲイ差別禁止法についても意見してきた。私たちはこれからも価値あるもののために闘い続けるし、この途方もなく大きな会社で、誰がCEOになったとしても、人種や性自認、性的指向にかかわらず、そうすべきだと思う。そして私は個人的にも、すべての人たちの平等のために、靴がすり減るまで前進し続けようと思う。
 毎朝オフィスに来ると、キング牧師とケネディ大統領の写真が挨拶してくれる。そう書くことで私が彼らと同じくらいエラいなどと言うつもりはない。写真を見て、私はどんなに小さなことでも、誰かの助けになるようなことを自分なりにやろうと思うのだ。私たちは共に、公正へと向かう光輝く道を歩み、自分のレンガを積む。これが私のレンガだ」 
 
 
「ゲイであることを誇りに思う」-アップルのクックCEO(ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NE956V6KLVRB01.html


Tim Cook Speaks Up(Bloomberg Businessweek)
http://www.businessweek.com/articles/2014-10-30/tim-cook-im-proud-to-be-gay

 



INDEX

SCHEDULE