g-lad xx

NEWS

青森でもパレードが行われました

[+dr.title+]

[+dr.title+]
 およそ3000人が歩いた東京レインボープライドと同じ日、青森にもレインボーフラッグを手にパレードを行った24人の姿がありました。

 4月26日14時、青森レインボープライドが開催されました(今年が第2回だそうです)
 青森レインボープライドを主催したのは、青森駅前にあるコミュニティカフェ&バー「Osora ni Niji wo Kake Mashita」と「青森セクシャルマイノリティ協会 にじいろ扁平足」。「Osora ni Niji wo Kake Mashita」の1周年記念イベントとして開催されました。このお店では、セクシャルマイノリティのこと、性暴力やDVの被害者、シングルペアレントなどについての情報発信や相談なども行ってきました。
 パレード終了後にはお店でアフターイベントが行われ、NONさん(弘前出身。80年代、日本のパンクの先駆けNON BANDとして活躍)がライブを披露したそうです。

 東京などと比べて参加するのに大きな勇気を必要とすることもあり(特に青森が地元の方にとっては)、昨年の参加者はたった3人だったそうですが、今年は24人で青森の市街地をパレードしました。セクシャルマイノリティやそのサポーターが国籍や障害を越えて集まったそうで、県内や県外、中にはハワイから駆けつけてくれた方もいたそうです。参加者の方たちはパレードを終えて「私たちは、今日、胸を張って、笑顔で、時に目頭を熱くしながら一緒に歩きました」「泣いた!!」「怖かったけど、ワクワクドキドキした。手を振ってくれる人がいた。いつかねぶたみたいになればいいと思う」などとTweetしていました。(いつか本当にねぶたみたいになるといいですね!)
 
 また、青森のパレードのことを知ったさまざまな方たちが、Twitter上に応援のコメントを寄せていました。
「応援します! 明日は青森と東京から、全国へレインボーパワーを送りましょう!」
「欧米だけじゃなく、日本でも。現代だけじゃなく、昔から。東京だけじゃなく、青森でも。人のあり方はずっと、虹みたいに色とりどりなのよね。4/26青森レインボーパレード、応援します!」
「全ての人が自分らしく生きられる当たり前の世の中になりますように。東京もパレードの日です。みんなの想いを抱いて歩きます。空は繋がってる。青森にも、それぞれの地方のみんなにも想い届け!」
「「LGBTが住んでいるのは都会だけ。田舎にはいない」それはきっともうすぐおしまい」
「わたしたちは虹の下に集い、そして旅だってゆきます。虹が青森から差別をなくす力となることを、心から願っています」

 来年、東京レインボープライドは5月開催になる見込みだそうですので(ステージ上でアナウンスがありました)、青森レインボープライドとは日程がずれることになりそうです。都合のつく方は青森にお出かけしてみてはいかがでしょうか?
 

青森でも行われていた!たった24人のレインボープライドパレード(IRORIO)
http://irorio.jp/jpn_manatee/20150427/225066/

INDEX

SCHEDULE