g-lad xx

NEWS

カワサキハロウィン・パレード内でプライドパレード開催、キービジュアルはレスリー・キーの素晴らしい写真

[+dr.title+]

[+dr.title+]
 近年のハロウィンの盛り上がり以前から行われていた川崎市のハロウィン。21回目を数える今年は『LOVE&JOY』をテーマとし、レスリー・キー氏によるLGBTもフィーチャーされた素晴らしくダイバーシティなPhotoがキービジュアルに起用されています。そして、恒例のハロウィン・パレード内でLGBT+ALLYのプライド・パレードも開催されるそうです。

「現在川崎市では、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向けて、そして2024年の市制100周年へ向けて、年齢、障がい、人種、LGBT等の違いを超えて、すべての人たちが暮らしやすい、やさしい社会環境づくりを進める「かわさきパラムーブメント」の取り組みを進めています。カワサキハロウィンもその趣旨に賛同し、本イベント開催を通じて、市民の皆様の理解がより一層深いものとなるよう、取り組みを進める中、ファッションや広告撮影を手がける傍ら、世界的写真家、レスリー・キー氏とのコラボレーションが実現し、今年のキービジュアルをプロデュースしていただくこととなりました」(公式サイトより) 

 キービジュアルを見ると、ドラァグクィーンのディタ・スターマインさんや山田ホアニータさん、TOYBOYのHIROSUMIさん、FTMのGOGO BOYさんなど、二丁目で活躍する方たちのほか、車いすダンサーの方やたくさんの派手派手しい方たち、豚の着ぐるみ(サエボーグさんというアーティストの方の作品。2014年の東京レインボープライドの「デパートメントH」フロートにも登場してました)など、世間一般の多様性の概念を軽々と飛び超えた、ファンタジックできらびやかなビジュアルになっていて、度肝を抜かれるとともに、素敵♪と言いたくなります。さすがはレスリー!ですね。
 
 そんな今年のカワサキハロウィンでは、LGBTフレンドリーな「ハロウィン・プライド・パレード」が開催されます。毎年行われているハロウィン・パレードのトリを飾ってLGBT+ALLYのプライド・パレードが駅前を華やかに行進!というもので、フロートでDJ JURIさんがプレイし、ドラァグクィーンの方が盛り上げるという趣向のようです。仮装が参加条件になってますので、ぜひ仮装でご参加を! 東京レインボープライドも協力しているそうです。

ハロウィン・プライド・パレード
日時:10月29日(日)14:30-16:00
コース:ハロウィン・パレードと同様 JR川崎駅東口周辺一帯(約1.5km)
参加費:お一人様1,000円 ※他のパレード参加者と同様 
定員:200名(内150名を一般公募)
参加申込み:こちらから

INDEX

SCHEDULE