g-lad xx

NEWS

『クィア・アイ』『ル・ポールのドラァグレース』がクリエイティブアーツ・エミー賞を多数、受賞しました

 第70回プライムタイム・エミー賞の授賞式に先がけて、製作や技術面において優れた番組に与えられるクリエイティブアーツ・エミー賞の受賞式が8日(土)9日(日)の2日間にわたってロサンゼルスで開催され、『クィア・アイ』が3部門で、『ル・ポールのドラァグレース』が4部門で受賞しました。

 センス抜群のゲイ5人組が依頼人のヘアスタイルから、ファッションやインテリア、思考にいたるまで、様々な分野についてアドバイスをし、ストレート男性の人生をステキにしてくれる感動のドキュメンタリーシリーズ『クィア・アイ』は、7月にシーズン3への更新も決定している人気リアリティ番組です。
 米「E!Online」によると、『クィア・アイ』は「ストラクチャード・リアリティ部門作品賞」のほか、「ストラクチャード・リアリティ/コンペティション・リアリティ部門編集賞」「リアリティ部門キャスティング賞」の3冠に輝いたそうです(14年前に放送されていたオリジナルの『クィア・アイ』は一度も受賞したことがなかったので、なんと14年越しの悲願達成となりました)。ノミネートが発表された7月、『クィア・アイ』でヘアスタイルを担当しているジョナサン・ヴァン・ネスは「ノミネートされただけでとても光栄だよ。僕らのことを広く知ってもらえたら、もう充分勝ったようなものだから」と喜びを語っていました。今回の受賞を受けて、インテリアデザイン担当のボビー・バークは自身のSNSに「やったよ!」とトロフィーを手にした写真を投稿。ファンからは祝福のメッセージが相次ぎました。
 
 一方、ル・ポールは自身の冠番組『ル・ポールのドラァグレース』で3回目の「リアリティ/リアリティ・コンペティション番組ホスト賞」を受賞しました。ル・ポールは、エレン・デジェネレスやジェーン・リンチといった並み居る強豪を倒し、見事、3年連続受賞の栄誉にあずかりました。
 ル・ポールは「みんな、「愛」って叫んで。私たちの番組は愛と人間の精神の粘り強さについてのショーよ。世界にこんな素晴らしいクイーンたちを紹介できて、本当に幸せ」と語りました。
 批評家たちにも賞賛されているこのシリーズは、「バラエティ/ノンフィクション/リアリティ部門衣装賞」「マルチカメラ・シリーズ/スペシャル部門ヘアスタイリング賞」「リアリティ部門演出監督賞」も受賞しています。
 
 現地時間9月17日(月祝)にはエミー賞の本選が行われます。本選ではリアリティ・コンペティション部門作品賞の発表もあり、『ル・ポールのドラァグレース』もノミネートされていますが、もし、「プロジェクト・ランウェイ」や「トップ・シェフ」「アメージング・レース」などを押さえて見事に作品賞を受賞すれば、同一回のエミー賞で作品賞と司会賞を同時に獲るという、これまでなしえなかった快挙を達成することになります。注目しましょう。
 
 
 
『クィア・アイ』がエミー賞3冠獲得!ジョン・レジェンドは"EGOT"達成(海外ドラマNAVI)
https://dramanavi.net/news/2018/09/3-5610.php

RuPaul and Queer Eye won big at the Emmy Awards last night(GAY TIMES)
https://www.gaytimes.co.uk/culture/112877/rupaul-and-queer-eye-won-big-at-the-emmy-awards-last-night/

INDEX

SCHEDULE