g-lad xx

NEWS

オープンリーゲイのアジア系俳優、B・D・ウォンが結婚式を挙げました

『ジュラシック・パーク』『ジュラシック・ワールド』で恐竜のクローン再生の最大の功労者である遺伝子学者ヘンリー・ウーの役を演じていた、あるいは『ムーラン』でシャンの声を担当していた、TVドラマ『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』や『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』にもレギュラー出演していたB・D・ウォンは、ハリウッドで最も有名なオープンリー・ゲイのアジア系俳優の一人です。そんなB・D・ウォンがこのたび、8年間交際してきたパートナーのリチャード・ジョン・フレデリクソン・シュノアと結婚式を挙げました。
 二人は10月10日、イーストリバーに面し、ウィリアムズバーング橋やマンハッタン島を望むブルックリンの『Giando on the Water』というイタリアン・レストランで、250人に見守られながら結婚しました。シザー・シスターズのアナ・マトロニクがDJをつとめたそうです。
 B・D・ウォンは参列者(彼がこれまで出演してきたドラマで共演した俳優たちがたくさんいたそうです)へのサービスとして、現在全米で放送中の『アメリカン・ホラー・ストーリー:アポカリプス』にゲスト出演した際に着用していた70年代ヴィンテージの黒のヴェルヴェットのスリーピースを披露したそうです。
 
 B・D・ウォンはサンフランシスコ出身で、ずっとセクシュアリティをオープンにしてきましたが、そのことも手伝って、1988年に『M.バタフライ』の主役(女装した男性であることを秘密にしてフランス人男性とつきあう京劇のスター)に抜擢されてブロードウェイ・デビューを果たし、トニー賞、ドラマディスク賞、Outer Critics Circle Award、Clarence Derwent Awards、シアター・ワールド賞の5つの賞を同時に受賞するという、未だに誰にも破られていない快挙を成し遂げました。
 長年、タレント・エージェントのリッチー・ジャクソンとパートナーシップを築き、2000年には代理母を通して双子をもうけ(一人は生後まもなく亡くなったそうです)、2003年にはその体験をもとに本を出版しています。リッチー・ジャクソンとは2004年に別れています。その後、2010年に、ゲイの独身男性が集うパーティで、ニューヨーク市立図書館にデジタルメディア・ディレクターとして勤務していた22歳年下のシュノアと出会い、交際をスタートさせます。
 
 シュノアはInstagramに、二人が会場のテラスでキスしている素敵な写真をアップし、参列した方々への感謝を述べました。
「本当に幸せな日だったと思わない? 僕の家族と友人に感謝。愛情のこもった言葉とサポート、そしてダンスに」
 
 



BD Wong Marries Longtime Partner of Eight Years(OUT)
https://www.out.com/popnography/2018/10/09/bd-wong-marries-longtime-partner-eight-years

Jurassic World and Mulan star BD Wong has married long-term partner Richert Schnorr(PinkNews)
https://www.pinknews.co.uk/2018/10/09/jurassic-world-mulan-bd-wong-gay-wedding-boyfriend-richert-schnorr/

INDEX

SCHEDULE