g-lad xx

NEWS

台北でレインボーフェスが初開催

 いよいよ今週末、10月27日(土)は台湾同志遊行(Taipei LGBT Pride)ということで、すでに台湾入りしている方もいらっしゃるようですが、パレードやクラブパーティ以外にも、ぜひ足を運んでいただきたいイベントがあります。台北随一のゲイエリアである西門の紅楼劇場(Red House)への入り口のちょっとした広場になっている所で「台北市國際彩虹文化節』(Taipei Rainbow Festival、台北市国際レインボーフェスティバル)が初開催されるのです。
 
 台北市国際レインボーフェスティバルは、パレード当日の10月27日(土)と、その翌日の28日(日)の2日間にわたり、西門のオープンカフェ状態のゲイバーが並ぶゲイエリアである紅楼劇場前広場(Red House)へ入っていく手前の、西門紅楼北広場(西門駅1番出口の前の広場)で開催されます。
 LGBT関連のブランドや企業のブースが出展される会場では、人気ゲイクラブ「G★star」のDJがスピン、そして特設ステージでは、GOGO BOYやイケメンダンスチーム、太鼓演奏など、様々なパフォーマンスが楽しめます。
 
 公式サイトには、台湾のゲイシーン(MAPなど)やこれまでの台湾のLGBTの歴史や企業情報などを掲載したガイドブックが掲載されています。こちらも日本語入りで、役に立ちそう。ダウンロードもできるので、今回台湾に行かない方なども、これだけでも活用してみてください。
 

台北市国際レインボーフェスティバル
日程:2018年10月27日(土)13:00-22:00、10月28日(日)13:00-21:30
会場:西門紅楼北広場
主催:TAIWANIZE
共催:財団法人台北市文化基金会西門紅楼、G★star
 


 ちなみに、23日にようやく今年のパレードのルートが発表されました(詳細はこちら)。昨年同様、3つのコース(南路線、東路線、西路線)に分かれて歩きますが、少し違いがあります。昨年、集合場所の凱達格蘭大道の西側の公園路から出発し、広大な車線を使って巨大なレインボーフラッグがゆっくり歩いて来るという感動的なシーンを演出した(東京レインボープライドのフロートもここに参加していた)西路線が、正直、南路線&東路線側と離れており、凱達格蘭大道は行き来自由ではなかったので(係に止められ)南路線&東路線側の友達と会えない…という問題が生じていたのですが、今年は他のルートと同じ地点(小さな櫓のような建物があるロータリーになっている場所)から出発し、中山南路を北上する形になるので、そういった心配がなく、一体感が確保されるようです。
 なお、東京レインボープライドのフロートがどのルートになるかはまだ発表されていませんが、出ることは確定だそうです。公式Facebookで直前に更新されるのではないかと思われますので、注意して見てみてください。
 

INDEX

SCHEDULE