people

その他の記事

東京レインボープライドに出演してくださった中島美嘉さん

2017年5月7日(日)、東京レインボープライドのステージに立ち、感極まりながら渾身のライブを披露、会場を埋め尽くした何万人もの観客を感動させた中島美嘉さん。イベント終了後に囲み取材があり、出演への思いをお聞きすることができましたので、お伝えいたします。

東京レインボープライドに出演してくださった中島美嘉さん

 2017年5月7日(日)、あの中島美嘉さんが東京レインボープライドのステージに登場しました。『雪の華』『一番綺麗な私を』『僕が死のうと思ったのは』『花束』など6曲を熱唱、MCでも「今日呼んでいただいてうれしく思います。誠心誠意心を込めて歌います」と語り、会場を埋め尽くした何万人もの観客から大きな拍手が贈られました。感極まりながらの渾身のライブでした。(今回、ライブ中の写真撮影はNGでしたので、写真はありませんが、きっと多くの方々の心のフィルムに焼き付けられたことと思います)
 会場では、中島美嘉さんのNEW ALBUM「TOUGH」を販売するブースも設けられ、きっと多くの方がお買い求めになったことと思います。
 イベント終了後、中島美嘉さんが囲み取材をOKしてくださり、東京レインボープライドに出演することになった経緯や、今回のライブへの思いを語ってくださいましたので、速報でお伝えいたします(聞き手は一般メディアの方です。インタビュー前半の、東京レインボープライドへの思いについて語った部分をお伝えいたします)
(後藤純一 2017.5.7)(Photo:カケジク)

ーー代々木公園の野外ステージでしたけど、いかがでした?

去年ぐらいから野外ライブをやらせていただけるようになって。私の歌は冬の歌が多いので、野外ライブはなかなかできなかったんですが、もういいか、聞いていただこうって感じで。今回はレインボープライドということで、そういうお友達も多いので、喜んでやらせていただきました。とても楽しかったです。

ーー感極まって、涙する場面もありましたね。

お友達も多くて、苦労されてる話もいっぱい聞いているので。そうすると、やっぱり歌を一生懸命…彼らに合わせて選んだ曲ばっかりだったので、同じ気持ちになってしまって。

ーー出演のきっかけは?

すごく仲のよいカップルがいて、彼らが沖縄でパートナーシップをとって、サプライズで歌わせていただいたんです(昨年の「ピンクドット沖縄」で)。そのことを聞いて、お願いしてくださったということです。

ーーで、出ようと?

もう、即答です。

ーーそのカップルは男性どうしの?

そうです。

ーー今日のライブにも?

もちろん来てくれました。

ーーなんておっしゃってました?

楽しかったよって言ってくれました。

ーーこういう人たちの前で歌った経験は?

あの、私は、どういう人たちとかは気にしたことがありませんでした。今までにLGBTの困ってる方からの質問も受けていて。ライブにもいらしてた方が多かったと思います。そういう方々って、恋をしても、まずその相手が受け入れてくれるだろうか、というところから始まったりする。男女間であれば、好きですって言うだけでいいのに、まずはゲイですか?とお聞きしないといけない。つらいこともある。私はそれ(ゲイであること)は変だと思っていません。好きな相手と一緒にいることがなぜ悪いのか、私はわかりません。

ーーよかったですね。今日は。

夢が叶った感じです。お友達が多いので。少しでもできたかな。誠心誠意やりました。

ーー曲目もこの日のために?

私のライブに来てくれるゲイのお友達が、この曲いいねと言ってくれる。それを憶えていて。
(※この後もインタビューは続きましたが、掲載はここまでとさせていただきます)

 「好きな相手と一緒にいることがなぜ悪いのか、私はわかりません」とおっしゃった時の、中島美嘉さんの決然とした力強さに、思わず感動させられました。ライブも素晴らしかったですが、お話も本当に素晴らしかったです。東京レインボープライドに出演してくださって心から感謝申し上げたい気持ちです。
(全体的にまとまったインタビュー記事はこちらこちらに掲載されています)