REVIEW

その他の記事

映画『イート・ウィズ・ミー』(TILGFF2015)

映画『イート・ウィズ・ミー』(TILGFF2015)

第24回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭で観た作品のレビューをお届けします。4本目はオープニング作品だった『イート・ウィズ・ミー』です。例年、オープニングを飾るのは、コメディタッチのゲイ映画になっています。今回の『イート・ウィズ・ミー』も、ゲラゲラ笑えるハッピーな作品でした。ちなみにアトランタLGBT映画祭のベストコメディ&最優秀女優賞受賞作品です。


 突然、長年連れ添った夫との生活に耐えきれなくなり、家出した中年の主婦・エマ(中華系)は、ロサンゼルスのダウンタウンに住む息子・エリオットのロフトに転がり込みます。エリオットはあまり人気の出ない中華料理屋を経営しつつ、たまに男とセックスする生活(おつきあいには至らない、体だけの関係ばかり)。エマにはゲイであることは伝えていませんでした。が、エマは部屋でゲイ雑誌を見つけてしまいます…

 エリオットはハンサムな好青年(イケる人絶対多いと思いました)なのですが、お店もうまくいってないし、彼氏がいるわけでもなく、どこか自暴自棄というか、やさぐれた感があります。しかし、母親が家に来たあと、イアンという素敵な青年(眉毛が極太でややむっちりした体型なので、GMPD好きな方にウケそう)と出会い、初めはつきあいに対して臆病になっていたのでなかなか彼の気持ちを受け入れられないのですが、イアンの誠実さにほだされ、だんだん「幸せになってもいいのかな」というふうに心境が変化していきます。

 一方、エマは、息子がゲイであることを知って苦悩するのですが、隣りの部屋に住むダンス・インストラクターのモーリーンと仲良くなり、彼女に相談するようになります。また、エリオットとイアンがベッドで寝ている現場を見てショックを受け、部屋を飛び出して公園でポツンと座っているときに、ジョージ・タケイ(本人)に出会い、ゲイでもいいじゃないかと思えるようになるのです。 

 そして、エリオットは、母・エマの秘伝のレシピのおかげでお店の危機を回避することができたのでした。大事な家族の絆は変わることなく、しかし、それぞれが心の旅を経て、最終的にちょっとずつハッピーになれるという、素敵なお話でした。 

 この作品を観た方が口を揃えて言うのは「モーリーン最高!」ということです。
 モーリーンはサバサバしてて、いろいろ突飛な行動をしたり、アバウトだったり、本当に面白いキャラクター。いちばん笑ったのはこんなシーンでした。
エマ「(バッグからコンドームを取り出しながら)息子のベッドルームからこんなものが出てきて…心配なのよ」
モーリーン「楽しんでるかどうか?」
エマ「そうじゃなくて」
モーリーン「少なくともセーフではやってたわよね。あなたがコンドームを盗むまでは」
 それから、モーリーンの部屋を訪ねたエマが、間違ってエクスタシーを飲んでハイになってしまうシーンも爆笑モノでした(マネしちゃダメ、絶対)

 アメリカ映画ではあるのですが(アメリカ大使館が後援についていました)、エマも夫(日系の方でした)もエリオットも中華料理屋の店員さんたちもジョージ・タケイもアジア系なので、まるでアジア映画(香港あたりの)を観ているような感じがしました。美味しい餃子が食べたくなる映画でした(実際、食べました 笑)

 オープニングにふさわしい、とても楽しくてハッピーな映画でした!