VIDEO

その他の記事

Lady Gaga - EuroPride in Rome

レディ・ガガが6月12日、ローマで開催されたユーロプライドのパーティに登場し、ピアノ弾き語りで「Born This Way」などを披露しました。

Lady Gaga - EuroPride in Rome

 レディ・ガガが6月12日、ローマで開催されたユーロプライド(欧州最大のゲイプライドフェスティバル)に参加しました。パレード後のパーティにヴェルサーチのドレスを着て登場したガガは、「ゲイの人権擁護を政府に要求します」とスピーチしたあと、パフォーマンスを披露しました。(スピーチの詳細はこちら

 ガガは、2年前の全米プライドマーチのときと同様(とてもスペシャルなことなのだと思います)、バンドもダンサーもナシのピアノ弾き語りで、パレードを歩いた聴衆に向かって、心をこめて歌い上げました。
 「Born This Way」では「No matter gay, straight or bi, lesbian, transgenderd life」という、ゲイやレズビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダーに捧げられた部分の歌詞を2回繰り返して歌い、ガガの気持ちがビンビン伝わってくるような、その場にいたらきっと泣いてしまうだろう、素晴らしい弾き語りでした。
 続いて最新シングルの「Edge of Glory」を歌いはじめたガガ。途中で大きなスカートを脱ぎ、ピアノにかけて、再び歌に戻りました。どちらかというとストレートウケしそうなこの曲も、こうやって聴くと、まるで「Born This Way」と同じようなゲイのための歌のように響き、感動を誘うのでした。
 
 以下にユーロプライドの公式動画をご紹介します。