g-lad xx

VIDEO

八方不美人 「愛なんてジャンク!」

新宿二丁目から本格ディーヴァ・ユニット「八方不美人」が誕生! ちょっと場末な二丁目テイストがたまらない「愛なんてジャンク!」のMVをご紹介! assets/images/video/2018/Happoufubijin/happoufubijin.jpg

 2018年12月1日(土)、新宿二丁目発、本格ディーヴァ・ユニット「八方不美人」が誕生しました。
 メンバーはエスムラルダさん、ドリアン・ロロブリジーダさん、ちあきホイ美さんという今をときめく歌ウマドラァグクイーンのみなさん。そして、プロデュースするのは、Winkの「淋しい熱帯魚」をはじめとする主要曲の多くを手がけているほか、「残酷な天使のテーゼ」「魂のルフラン」の作詞でも有名な作詞家の及川眠子さんと、浅香唯「Believe Again」、アン・ルイス「WOMAN」、小柳ゆき「あなたのキスを数えましょう 〜You were mine〜」、原田知世「早春物語」、BaBe「I Don't Know!」などを手がけてきた中崎英也さんという、夢のようなお二人。衝撃のダンスチューンから珠玉のバラードまで、及川・中崎の名コンビが送り出す様々な楽曲を、ドラァグクイーン達が歌い尽くします!

 というわけで、12月1日に公開された「愛なんてジャンク!」のMVをさっそく、ご紹介。
 地獄の果てまでついていく覚悟で本気で愛したけど、男にボロ雑巾のように捨てられた女の悲哀を歌い上げた、ちょっと懐かしの歌謡曲風な、ミドルテンポのポップ・チューン。一度聴いたら忘れられないキャッチーなサビ、「淋しい熱帯魚」がちょっと入ったわかりやすい振付けは、幅広い層にウケそう。それでいて、途中で入っているエスムラルダさんの(爆笑必至の)セリフや、(普通のアーティストは絶対にそんなことしない)ゴミ捨て場に捨てられる演出など、絶妙な場末感もトッピングされて、ゴージャスな中にも二丁目的な笑いが盛り込まれた、何度も観たくなるMVです。二丁目のノリをそのままメジャーへと昇華させた素晴らしさ。
 ちなみにロケ場所は二丁目とAiSOTOPE LOUNGE、女(装)を次々に捨てていく罪な男を演じたのはGOGO BOYのSASUKEさん(エスムラルダさんにだけちょっと優しいのがツボ)、MVとスチールを手がけたのは、加藤正憲さんという氷室京介さんやYOSHIKIさんなどを撮ってきた超大御所カメラマンの方だそうです。





 12月19日リリースのデビューミニアルバム『八方不美人』には、「愛なんてジャンク!」のほか、3人がそれぞれ歌う3曲が入った全4曲が収録されています。

デビューミニアルバム「八方不美人」(12月19日リリース)
【収録曲】全曲 詞:及川眠子 曲:中崎英也
1. 愛なんてジャンク!(唄:エスムラルダ、ドリアン・ロロブリジーダ、ちあきホイみ)
2. 流砂の恋 (唄:ドリアン・ロロブリジーダ)
3. 崖の花 (唄:ちあきホイみ)
4. ディレンマ (唄:エスムラルダ)
デビューミニアルバム「八方不美人」発売

 そして、12月7日(金)にはAiSOTOPE LOUNGEにて、リリースイベント開催! 3人のライブはもちろん、本領発揮のショータイムやおもてなしタイムも満喫できて、デビューミニアルバム「八方不美人」も一足早くゲットできます(詳しくはこちら
 
[twitter]
https://twitter.com/HappoFuBijin

[instagram]
https://www.instagram.com/happofubijin

INDEX

SCHEDULE