g-lad xx

EXTRA

プロナウン

 代名詞のこと。LGBTQの文脈でプロナウンといえば、「私(一人称)」「あなた(二人称)」ではなく、「彼」「彼女」などジェンダーが関わってくる三人称の話です。
 中学の英語の授業で「she/her/her」「he/his/him」という代名詞を習ったと思いますが、自認するジェンダーが典型的な女性/男性に当てはまらないノンバイナリーの人は「they/their/them」という代名詞を用います(複数形の「彼ら」と同じなので、英文で特定の個人に「they」という代名詞が使われているのを見ると混乱するかもしれませんが、その人はノンバイナリーであるということです)
 例えばノンバイナリーであることをカミングアウトしているサム・スミスは、Twitterのプロフィール欄に「They/Them」と記しています(それだけしか書いていません)。同様に『クィア・アイ」のジョナサン・ヴァン・ネスも「They/He/She」と記しています。
 
 海外では近年、SNSのプロフィール欄に「she/her」「he/him」「they/them」とプロナウンを記す人がとても増えていますが、それは、自身の性自認と性表現を記すことで、他者から間違ったジェンダーで扱われること(ミスジェンダリング)を防ぐこともできますし、みんながそのように記すことで「プロナウンは自分が勝手に推測するのではなく相手が何と呼んでほしいかを尊重すべきだ」という考えが広まったり、ノンバイナリーの人がカミングアウトしやすくなったりしてきました。
 そういう意味で、シスジェンダーであっても「she/her」「he/him」とプロナウンを記している人は、「相手のジェンダーは自分が勝手に推測するのではなく本人がどのように扱われたいかを尊重すべきだという考えている人」であり、トランスジェンダーのアライと言えます。

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。