g-lad xx

EXTRA

ゲイ用語の基礎知識

LGBT(エルジービーティ)

 LESBIAN、GAY、BISEXUAL、TRANSGENDERの略

 ゲイやレズビアンやバイセクシュアル、トランスジェンダーなどのセクシュアルマイノリティ(性的少数者)を総称して何と呼ぶか?をめぐって様々な議論があり、「セクシュアルマイノリティ」に含まれる「社会の片隅に追いやられている感」や、「クィア」がもともと持つ「ヘンタイ」というニュアンスなどをあまり好ましく思わない当事者たちが、価値中立的な言い方として「LGBT」を用いるようになりました。(欧米ではこうした、ネガティブなニュアンスを払拭するようなイニシャルの用語がとても多いのです。CEOなどもそうです)
 日本では、2004~5年頃に海外から輸入され、次第に浸透してきました。

 アクティビスト(活動家)の方など、政治的な正しさ(Political Correctness)を重視する人たちは「LGBT」という呼称を用いる傾向が強く、国連関係の資料などでも専ら「LGBT」が用いられています。

 一方で、一般のゲイたちの間では(世間でも)まだまだ「セクシュアルマイノリティ(セクマイという略称も)」の方がわかりやすいため、広く用いられています。

 また、「LGBT」にはインターセックス(性分化疾患)、アセクシュアル(性欲がない方)、クエスチョニング(よくわからない方)などが含まれず、「セクシュアルマイノリティ」や「クィア」のような多様性、包括性に欠けるという問題もあります。日本のパレードでも「LGBT」を冠しているところは現在1つもありません(ほとんどは「レインボー」を掲げています)

索引

その他の用語

その他の記事

SCHEDULE

    記事はありません。