g-lad xx

EXTRA

ゲイ用語の基礎知識

レザーマン

 レザーを愛するゲイのこと(日本で言う「ハードゲイ」のイメージに近い)
 鋲がたくさん付いたメタリックなレザー(革)のジャケットやパンツ、チャップス(ジーンズの上から穿く独特のボトムス)、ハーネス、アンダーウェア、アームウェアなどを特長とした、男らしさを強調するハードテイストなファッションが特長です。
 
 レザーマンはしばしば、BDSMの愛好者でした。それゆえ、ゲイがストレートから一段低く見られたり社会の片隅に追いやられがちである(スティグマを抱えている)のと同様、SMなどのハードプレイを好む人たちもまた、同じゲイの中でも一段低く見られたり、コミュニティの周縁に追いやられてきました(アメリカのゲイライフについて書かれた本を読むと、ゲイの中でもハード指向の人や女装者は最下層として扱われることが多いという記述を見ることができます) 
 そのため、レザー(革)やラバー(ゴム)にフェティシズムを感じる人たちやSMなどのハードプレイを愛する人たちが、レザー・プライドのムーブメントを起こします。

 1979年からシカゴで『インターナショナル・ミスター・レザー』コンテスト(主催:ゲイ雑誌『DRUMMER(ドラマー)』)が開催されるようになり、1989年度の大会で、Tony DeBlase氏によってレザー・プライド・フラッグが発案されました。黒はレザーやラバーを、青はブルージーンズを、白はケツ割れサポーターを(このコミュニティに属する人たちが互いに愛情をオープンに表現するときの純粋さを指す、という説もあります)、そしてハートはレザーマンたちのあたたかい心を表しています(受難のシンボルであるとも言われています)
 1980年にはニューヨークの巨大クラブ『The Saint』で、レザーマン達の祭典『The black party』が開催され、大成功を収めました。(日本でもレザーを意識した『Black Ball』が開催されています)
 また、1983年からサンフランシスコで『フォルサム・ストリート・フェア』というレザーマンの祭典が行われ、レザーやラバーに身を包んだ男たちが昼間からストリートに繰り出し、エロティックなお祭りを明るく楽しんでいます。
 また、レザーマンたちがイコンとして崇拝するトム・オブ・フィンランドの作品が、1990年代に入り、ニューヨーク近代美術館に所蔵されるなど、世界的に評価されるようになりました。 

索引

その他の用語

その他の記事

SCHEDULE