g-lad xx

NEWS

ガガの『パパラッチ』少年をエレン・デジェネレスが売り出します

 Youtubeでご覧になった方も多いのでは?と思います。レディ・ガガの『パパラッチ』をアレンジしてピアノ弾き語りしてる小学6年生の男の子、グレイソン・チャンスくん。驚異的な、鬼気迫る演奏。しかも声もソックリなのです! (まだ小6だから自覚もないでしょうが、彼はきっとゲイだろうなぁと思った人、多いハズ)
 一度聴いたら誰もがその才能を認めるような演奏で、Youtubeでじわじわと評判になり、なんとアメリカ版「徹子の部屋」とも言うべき「エレン・デジュネレス・ショー」にも出演しました。
 
 エレン・デジュネレスはアメリカで絶大な影響力を持つコメディアンで、「エレン・デジュネレス・ショー」のほか、現在「アメリカン・アイドル」の審査員も務めています。(そして、オープンリー・レズビアンであり、『アリー my love』等に出演している女優のポーシャ・デ・ロッシと結婚したことも有名です)

 エレンはグレイソン・チャンスくんの演奏にいたく感銘を受け、「アメリカン・アイドル」の審査員を務めていることもあり、新人ミュージシャンたちを売り出すためのレコードレーベル「イレブンイレブン」を立ち上げました。
「グレイソンは私にイレブンイレブンという名前のレコード会社を創設するきっかけを与えてくれました。彼は私の会社に所属する最初のアーティストとして一緒にアルバムを作っています」

 エレンなら、グレイソンくんにヘンに男らしさを強制したりすることもないでしょうから、のびのび自分らしいテイストを開花させていけそうですね。ジャスティン・ビーバーに続くYoutubeスターの誕生か?という感じで、今後がとても楽しみです。
(後藤純一)


INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。