g-lad xx

NEWS

アイルランド議会、同性シビルパートナーシップを合法化

 7月1日、アイルランドの下院議会は同性愛者にシビル・パートナーシップを認める法案を採択しました。近いうちに上院において承認を受け、今年秋にも施行される施行される見込みです。
 シビル・パートナーシップは婚姻に準じる制度で、相続や税制、年金などの社会福祉制度において、男女の夫婦とほぼ同等の権利が認められます。

 カトリック教側はこれに強く反対しており、議会での審議の際には、抗議集会が行われたそうです。

 ダーモット・エーハーン法務大臣は、こう語っています。
「これは同議会が扱ってきた人権問題関連法案の中でも最も重要なものの1つです。ここ数十年で私たちの社会は大きく変化しました」
「結婚は以前よりも一般的になっていますが、それ以外の形での関係もどんどん普通になってきています。それにより法制度においてまた別の問題が起きており、議員による承認と保護が求められています」

 ゲイ&レズビアン向けのパートナーシップ関連法案に対しては、アイルランド下院に議席を持つ全政党が支持を表明していました。しかしながら、一部の議員は個人的に批判を行っていました。

 アイルランドで同性間の関係が犯罪でなくなったのは17年前のことです。
 西ヨーロッパのほとんどの国では同性婚またはシビル・パートナーシップ(シビル婚、シビル・ユニオン)が認められていますが、アイルランドはどちらも導入されていませんでした。

Civil partnership bill backed by Irish politicians(BBC News)
http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/10484404.stm

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。