g-lad xx

NEWS

ウォーレン・ベイティとアネット・ベニングの娘が男性へのトランスを切望

『俺たちに明日はない』『ディック・トレイシー 』などで知られる俳優のウォーレン・ベイティ(マドンナとつきあっていたことでも有名ですね。ちなみに姉はあのシャーリー・マクレーンです)と、『マーズアタック!』『アメリカン・ビューティ』などで知られる女優のアネット・ベニング。ハリウッドのおしどり夫婦と言われているそうですが、長女で18歳のキャスリンさんが男性へのトランスを希望しているそうです。
 ウォーレンとアネットの友人が『ナショナル・エンクワイア』誌に語ったところによると、「ウォーレンは、娘キャスリンの状態に無力感を覚えている。過去数年間、彼とアネットは、娘が若いうちにこの問題を何とかしようと思ってきたが、キャスリンの決意は固い。18歳になったら自分の思い通りにすると、繰り返し両親に言い続けてきた」そうです。「アネットはキャスリンととても仲が良いし、ウォーレンも娘をとても愛していて、背を向けるようなことは絶対にしない。娘の告白は大きなショックだろう」
 キャスリンさんは男性の服装で大学へ通い、クラスメートには自分を「スティーブン」と呼ぶように頼んでいるそうです。また、キャスリンさんはFacebookにも男性の名で登録し、スーツとネクタイ姿の写真を投稿しています。そして、両親には「チャスティティー・ボノ※の例もある」と言い、「18歳になったら自分のことは自分の意志で決めたい」と言って譲らないそうです。

 まだまだトランス(SEX CHANGE)への偏見もあるのでしょうが、きっと、無事に両親を説得し、自身の望む性で生きられる日が来ることと思います。晴れて男性になったスティーブン・ベイティさんのコメントがニュースになる日を、待ちましょう。
 
※チャスティティー・ボノは、歌手シェールと故ソニー・ボノ(ソニー&シェールとして60年代に活躍)の娘ですが、昨年、40歳で性別を変え、チャズという名前の男性として暮らすことを発表しました。
 

ウォーレン・ベイティとアネット・ベニングの長女が性転換手術?(シネマトゥデイ)
http://www.cinematoday.jp/page/N0025082?

ウォーレン・ベイティの18歳の娘が性転換を希望(Movie Walker)
http://www.news-gate.jp/2010/0619/4/

INDEX

SCHEDULE