g-lad xx

NEWS

ドルチェ&ガッバーナがアンダーウェア広告にイタリアのサッカー選手5人を起用

 

 ドルチェ&ガッバーナが2010年のアンダーウェア広告にイタリアのサッカー選手5人を起用しました。
 アントニオ・ディナターレ(セリエA・ウディネーゼ所属、W杯出場)、ヴィンチェンツォ・イアクインタ、クラウディオ・マルキージオ(セリエA・ユヴェントス所属、W杯出場)、フェデリコ・マルケッティ(W杯出場)、ドメニコ・クリシート(セリエA・ジェノア所属)という一流選手たちです。
 D&Gはこれまでにもサッカーを応援してきており、W杯にジムウェアやアンダーウェアも提供しているそうです。
 今回のコレクションは、黒やグレーのオーソドックスなタイプのほか、イタリアのナショナルチームを表すブルー、ライトブルー、ホワイトの3色で、ベルトにイタリアの国旗がデザインされたコレクションも発表されています。
 写真は『Dazed & Confused』『Vogue Nippon』『Numero』などで活躍するファッション・フォトグラファーのマリアーノ・ヴィヴァンコです。
 2006年にもマリアーノ・ヴィヴァンコとのタッグによる広告キャンペーンが展開され、その時のモデルはサッカー選手のファビオ・カンナバーロ、ジェンナロ・ガットゥーゾ、ジャンルカ・ザンブロッタ、アンドレア・ピルロ、マヌエレ・ブラージでした。2008年には同国のラグビー選手5人を起用、さらに2009年には5人の水泳選手を起用したキャンペーンを展開。今回が第4弾となります。

 サッカー選手のアンダーウェアモデルと言えば、アルマーニのベッカムが有名ですが、世界初ということで言えば、2003年、カルバン・クラインのモデルを引き受けたフレデリク・ユングベリ(スウェーデン)になります。
 アルマーニは今年1月、ベッカムの後任としてクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)を起用してセンセーションを巻き起こし、それに対抗するように、カルバン・クラインが2月、中田英寿らを起用した新作「カルバン・クラインX」のキャンペーン広告を発表しました。
 
 カルバン・クラインをはじめとするメンズ・アンダーウェア広告は、それまで「見たくないもの」とされてきた男性のヌードをカッコよくてセクシーなものとして提示し、ジェンダー的な意味で世界に革命を起こしてきました。
 今や、こうして、セレブなスポーツ選手が惜しげもなく肉体美を披露する時代になりました。
 カルバン・クライン、アバクロ、アルマーニ、D&G…本当に素晴らしいです。
 
 ちなみにD&Gのデザイナー、ドメニコ・ドルチェ&ステーファノ・ガッバーナの2人は、公私ともにパートナーだと言われてきましたが、残念ながら2005年に恋人としては終わりを迎えたそうです。が、これからもゲイテイストなデザインを世に送り出してくれるでしょうし、こうして素敵なキャンペーンを繰り広げてくれることと思います。
(後藤純一)

 

 

D&Gオフィシャルサイト(キャンペーン)
http://www.dolcegabbana.com/dg/underwear-campaign/#

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。