g-lad xx

NEWS

ドラァグクイーンだらけのボートがゲイリゾートをパレード

 アメリカのゲイ・カルチャー誌『OUT』によると、7月4日、ニューヨーク州ファイア・アイランド・パインズで、ドラァグクイーンだらけのボートが港をパレードする人気イベント「The Invasion of the Pines」が行われました。

 1976年7月4日(独立記念日)、ニューヨーク州ファイア・アイランド・パインズで、テリ・ウォレンというドラァグクイーンがレストランの利用を断られるという事件が起こりました。その話を聞きつけた彼の友人たちは、リップを手に取り、ドラァグクイーンだらけでボートをいっぱいにし、抗議パフォーマンスを行いました。「パインズの侵略」として知られるこのパフォーマンスは、ストーンウォール事件と並んで、ゲイの間で伝説として語り継がれています。
 「最初は本当に数人のおばかなクイーンたちだった」と、伝説のドラァグ・ボートに乗っていたトム・ハンセン(ドラァグネーム:パンジー)は語ります。「ボートから350人ものドラァグクイーンが降り立ったときの感動ったら…言葉にできないくらい」

 この「パインズの侵略」を記念したドラァグ・ボートは、今ではすっかり恒例のイベントとなり、毎年大勢の観光客が訪れる、ファイア・アイランド随一の人気イベントになっています。アメリカ人の多くが独立記念日のバーベキューに興じているときに、ゲイたちはファイア・アイランドに集まり、ドラァグ・クイーンだらけのパレードを楽しんでいるんだそうです。 
 「年に一回、みんなが一堂に会するのが楽しいの!」と、ニューヨークの有名なクイーン、デル・リオは語ります。「みんなおたがいを知ってる。みんなついてるイチモツをパンティにしまいこんでやって来るの」 

 ファイア・アイランドはロングアイランド湾に細長く浮かぶ島で、マンハッタンから2時間くらいの場所。白い砂浜と青い大西洋が広がる美しいビーチを堪能できるリゾート地です。小さなビレッジがたくさんあるのですが、中でもパインズと隣のチェリー・グローブは、全米一のゲイ・リゾート・コミュニティなんだそうです(Wikipediaにもそのように紹介されています)。ゲイたちの別荘が建ち並び、昼はビーチ遊び、夜はゲイクラブでお酒とダンスを楽しみ、レストランのウェイターもゲイだったりして、夏には大勢のゲイが集まり、楽しく過ごしているそうです。

 6月最終日曜日のニューヨーク・プライドに行く機会のある方もいらっしゃるかと思いますが、いつかぜひ、ファイア・アイランドにも足をのばしてみてはいかがでしょうか?(後藤純一)


The Invasion of the Pines 2010(OUT.com)
http://www.out.com/exclusives.asp?id=27095

INDEX

SCHEDULE