g-lad xx

NEWS

アイルランドでシビル・ユニオンが成立

7月1日、アイルランド下院議会がシビル・パートナーシップを認める法案を採択したというニュースをお伝えしました。

 イギリス等と同様、同棲に関する権利、相続、年金制度、税制、社会保障、家庭内暴力からの保護など、結婚によって生じる家族法上の権利のほぼすべてが認められるこの法案は、その翌週には上院で審議にかけられ、2日間におよぶ議論の末、484という圧倒的な賛成で可決されました。

 上院における最終説明の際、全ての党が同法案を歓迎していたといいます。
 ゲイであることを公言しているデイヴィッド・ノリス上院議員は最終演説で「このような日が実現したことを私は誇りに思います。これは偉大で包括的な勝利です」と述べ、この勝利はある特定の政党あるいは同性愛者だけに対するものではなく「アイルランドの良識にとっても勝利であります」という点を強調しました。

 アイルランドでは、国会で法案が可決された後、大統領が法案に署名すれば法案成立となりますが、大統領がこれを憲法違反だと考える場合には法案を最高裁判所に送ることもできます。が、メアリー・マッカリース大統領は7月19日、この法案に署名しました。
 さまざまな法的な肉付けが施されたのちに、8月に再度、マッカリース大統領によって承認される見込みです。
 法律が効力を持ち始めるのは秋頃になりそうです。

「今日という日はアイルランドにとって素晴らしい日です。ゲイ&レズビアン、その両親、家族、友達や近所の住民、同僚は今や、隣人たちのシビル・パートナーシップを祝福することができるのです」と、「ゲイ・レズビアン平等ネットワーク」の代表、キーレン・ローズ氏は語ります。「これはゲイ&レズビアンにとっての公民権のマイルストーンなのです」

 

 

アイルランド上院、シビルパートナーシップ法案を承認(GEIRO.org)
http://geiro.org/2010/07/12/irelandsenatepassed/

Irish Pres. Signs Gay Partners BillAdvocate.com
http://www.advocate.com/News/Daily_News/2010/07/19/Irish_Pres_Signs_Gay_Partners_Bill/

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。