g-lad xx

NEWS

香港の人気歌手、ゲイであることをカミングアウト?

 信息時報が伝えたところによると、人気若手歌手のヒンズ・チャン(張敬軒)は、香港有線テレビ(HK CABLE)のインタビュー番組の収録に際し、ゲイであることをカミングアウトし、かねてから熱愛報道がなされていたケニー・クァン(関智斌)と「恋愛関係にある」と語りました。

 ヒンズ・チャンは2008年、香港の美少年コンテストである「香港傑出少年選挙」授賞式で、同賞の対象年齢を大幅に超える27歳でありながらグランプリに選ばれるほどの美しさと若さの持ち主。それだけでなく、中国出身の男性歌手として初めて香港コロシアムでソロコンサートを開催するなど、香港を代表する若手男性歌手として活躍しています。 

 他方のケニー・クァンは2002年、アイドルユニット「Boy'z(現:Sun Boy'z)」のメンバーとしてデビューし、またたくまに人気を博しました。2005年、Boy'zを脱退した後は、ソロ活動をスタートさせ、現在はライブを中心に、他アーティストへの楽曲提供なども行っているそうです。

 いわば大物ミュージシャンどうしのカップルなわけで、2人の関係は今年1月からメディアをにぎわせてきました。「香港・西貢地区に愛の巣がある」「ヒンズは歌手として表に出て稼ぐ役、ケニーは家事すべてをやっている。2人の仲はとても良い」といった近所住民の目撃談も報じられましたが、2人はずっと「そんな関係ではない」と否定していました。ヒンズ・チャンは「何かの間違い。自宅に友人を呼んでパーティを開いていただけ。僕はひとり暮らしです」「僕は故郷の中国を離れて香港で芸能活動を始めましたが、ケニーと彼の家族がとても親切にしてくれました。それ以来大親友です」「知り合いがいない頃だったので、本当に嬉しくて感激した。ゲイだとうわさされても、気にしませんよ。冗談だと笑い飛ばせますから。近い将来ケニーの中国での芸能活動をサポートしたいと思っています」とマネージャーを通して語っていました。

 でも、そんなごまかしをやめて、ヒンズ・チャンが勇気を出して「ケニーは恋人」だとカミングアウトするや、「公表するとは素晴らしい」「実力のある芸能人は、同性愛者である事実を隠す必要がない」「ゲイだと公表したのは、張国栄(レスリー・チャン)と黄耀明(アンソニー・ウォン)に続いて3人目」といった応援者からのメッセージが届いているそうです。

 しかし、イメージを守るためか、マネージャーはすぐさま報道を否定しました。ヒンズの所属レコード会社・ユニバーサルも「番組でヒンズはケニーとの親友関係を語ったのみで、同性愛などは一切のでまかせである」「今後はこの話題について、会社もヒンズも質問に応じない」とコメントしています。他にも番組の司会者や周囲の人たちが「誤解だ」と語っている、というニュースもありました。
 もしかしたら、2人が恋愛関係にあるというのは本当に「誤解」で、実はゲイでも何でもないのかもしれません(が、そうだとしたら、本人が「誤解だ」と訂正するはずですよね)。本人が再び正式にコメントしないかぎり、この件はうやむやになってしまうことでしょう。 

 願わくば、ヒンズ・チャンのカミングアウトが真実であり、社会もその勇気を認め、彼があの偉大なレスリー・チャン(『覇王別姫~さらば、わが愛』『ブエノスアイレス』)に続く美形のゲイ・スターとして今後も活躍することを、そして堂々とケニーとの愛を育んで幸せになってくれることを(間違ってもレスリーのような、あるいは韓国のキム・ジフのような悲劇を繰り返さないことを)期待します。(後藤純一)

 

【華流】香港歌手ヒンズ・チャン、同性愛をカミングアウト(サーチナ)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0725&f=entertainment_0725_001.shtml

INDEX

SCHEDULE