g-lad xx

NEWS

TV局のゲイフレンドリー度の格付けでMTVが初の「優」を穫得しました

 アメリカの主要なTV局がその番組の中でどのようにLGBTを描いているかという視点で行われている「格付け」が発表され、MTVが史上初の「優」を穫得しました。
 この格付け「Network Responsibility Index」は、GLAAD(中傷と闘うレズビアン&ゲイ連盟。メディアアワードの開催で有名です)が毎年行っているもので、今年で4回目になります。

 GLAADによると、MTVの2009年〜2010年の番組のうち、実に42%がLGBTコミュニティの多様性を反映させていたそうです。
 また、MTVが18歳〜35歳の大きな視聴者を持っていることによる影響の大きさも評価しています。アメリカの若い世代は年長世代に比べ、LGBTコミュニティに対してより支援的だという調査結果も出ています。
 GLAADの代表、ジャレット・バリオスは、「MTVを最高評価で表彰できることをたいへんうれしく思います。MTVはLGBTを最も公正で適切に表現してきました」と語りました。「『The Real World』や『America's Best Dance Crew』におけるゲイやトランスジェンダーの豊かで多様な表現は、我々のコミュニティの理解と受容を人々に促したはずです」 

 また、『America's Next Top Model』『Gossip Girl』『One Tree Hill』『90210(新ビバリーヒルズ高校白書)』などに重要なゲイのキャラクターを登場させてきたCWも高得点をゲットし、「良」に格付けされています。
 CWのほかに「良」にランクされたのは、ABCやABC Family、HBO、Showtime、Lifetime、TNTでした。3大ネットワークの1つであるABCのようなメジャーな局が「良」になったのも初めてだそうです。

 FOXは、『Glee』でゲイの高校生を歓迎し、『American Idol』の審査員にエレン・デジェネレスを迎えたにも関わらず、『Family Guy』や『The Cleveland Show』といった番組でゲイを激しくステレオタイプに描いたことを非難され、NBCとともに「可」となりました。
 アメリカで最も視聴率が高いCBSは「不可」になりました。 

 GLAADはこう語ります。「人々が毎日視聴するTVの番組でどのようにゲイが描かれるかということは、アメリカの人々にLGBTへの理解と受容を促すうえで非常に重要です」「TVは世界の一部だと言っても過言ではありません。人は誰しも、そこに自分のような人が登場することを願っています」



MTV Gets Top Marks for Gay Inclusion on Shows(ABC)
http://abcnews.go.com/Entertainment/wireStory?id=11232760

GLAAD gives MTV, the CW high marks for character diversity(Los Angels Times)
http://articles.latimes.com/2010/jul/23/entertainment/la-et-glaad-20100723

INDEX

SCHEDULE