g-lad xx

NEWS

『ER』のサラ・ギルバートがレズビアン・カミングアウト

 TVドラマ『ER 緊急救命室』『24』『ふたりは友達? ウィル&グレイス』などに出演している女優のサラ・ギルバートがレズビアンであることをカミングアウトしました。

 サラ・ギルバートは、シャロン・オズボーン、レア・レミニ、ホリー・ロビンソン・ピートなどと一緒にトークショー『ザ・トーク』の共同司会を務めることが決まり、先日、テレビ批評家協会で記者会見を行った際にカミングアウトしました。
 彼女は2002年からTVプロデューサーのアリソン・アドラーとパートナー関係にあり、5歳の息子と2歳の娘がいるそうです。これまでレズビアンであることを認めてきませんでしたが、このトークショーへの出演契約をしたことできちんとカミングアウトする決心をしたんだそうです。
「私は小さいころから女優としていろいろな役を演じてきて、自分のプライベートについて語ることはなかった。でも、今回の番組はトークショーだから、自分の人生について語らないとね」とふっ切れた様子。レズビアンとしてトークショーに参加することについてどう感じているのかを聞かれると、「私にとってはまったく新しい世界。レズビアンの専門家というわけではないし、分析をしたこともない。私はただ、自分の人生を生きているだけ」 

 サラ・ギルバートは、俳優のポール・ギルバートを父親に持ち、名作TVドラマ『大草原の小さな家』でローラを演じたメリッサ・ギルバートの妹で、6歳の時にメリッサがハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムに星をもらったのを見て、自分も女優になると決めたと言われています。


「ER 緊急救命室」のサラ・ギルバート、レズビアンであることをカミングアウト(シネマトゥデイ)
http://www.cinematoday.jp/page/N0025922

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。