g-lad xx

NEWS

船堀でニューハーフの花魁道中が行われました

 2月5日、江戸川区の船堀駅前で、日本初?のニューハーフによる花魁道中が行われました。船堀のニューハーフパブ「サロンドゴージャス」を営むあやさんらが、街おこしのため、駅前を練り歩いたものです。
 午後6時過ぎ、赤や金で彩られた豪華な打ち掛け姿のあやさんらが駅前に現れると、あっという間に人だかりができました。「男衆」役の男性が「あや太夫のお練りでございます!」と声を張り上げると、あやさんは三本歯の下駄で「外八文字」の歩き方を披露しました。
 あやさんが不況の波に押され、14年間経営していた銀座の店を畳んだのが2008年。昨年11月に船堀で再起しましたが「駅前に元気がないので、少しでも活気を取り戻せたら」と、花魁道中を思い立ったそうです。
 そんなあやさんの本業は、実は「世界初のニューハーフピアニスト」だそうです。6歳からピアノを始め、ローゼンストック国際ピアノコンクール奨励賞、全日本ピアノコンクール優秀賞など、国内外での受賞は数え切れないほどだそう。「次は船堀タワーでソロリサイタルをやりたい」と意気込んでいました。

 このニュースを聞いて、2008年、「ArcH」2周年および「ALAMAS Cafe」開店記念イベントとして、二丁目が誇るDRAG QUEENやGO-GO BOYによって二丁目の仲通りで花魁道中が行われたのを思い出す方も多いことと思います(詳しくはこちら
 素晴らしい日本の花街の伝統文化を、二丁目とニューハーフのお店がそれぞれに受け継ぎ、21世紀の今に伝えているのは、なんとも素敵なことですね。


 
ニューハーフの花魁道中で街おこし(Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110205-00000303-sph-soci

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。