g-lad xx

NEWS

バイセクシュアルの女優、マリア・シュナイダーが死去

 フランスの女優マリア・シュナイダーが、2月3日朝、ガンのためパリの病院で亡くなりました。58歳でした。長らく病気を患っていたそうです。

 俳優ダニエル・ジェランの娘だったマリア・シュナイダーは、モデルを経て17歳で映画に初出演、デビュー3作目でベルナルド・ベルトルッチ監督の『ラストタンゴ・イン・パリ』(1972年)に出演し、ヌードも厭わずにブランドと過激なラブシーンを演じ、センセーションを巻き起こしました。そのときの共演者がマーロン・ブランドでした(彼もバイセクシュアルです)
 1974年、『さすらいの二人』でジャック・ニコルソンと共演。また、バイセクシャルであることを宣言しています(当時としてはスゴイことだと思います)
 その後、薬物中毒になり、キャリアは低迷、自殺未遂を繰り返したそうです。しかし、女優業に復活し、フランスの劇画家エンキ・ビラルが監督した『バンカー・パレス・ホテル』(1989年)などに出演しました。1993年には、フランスのクリエイター、シリル・コラール(彼もバイセクシュアルでした)がHIVに感染し、余命いくばくもない自身の姿を映画にした『野生の夜に』にも出演しています。
 
 マリア・シュナイダーは昨年、フランス文化省から芸術文化勲章を授与されていました。


『ラストタンゴ・イン・パリ』のマリア・シュナイダーが病死(MOVIE Collection)
http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=2142

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。