g-lad xx

NEWS

リッキー・マーティン、ラッセル・シモンズ、シザー・シスターズらがGLAADメディア賞を受賞

 米国の同性愛者擁護団体「GLAAD」が主催する「第22回GLAADメディア賞」の授賞式が3月19日、ニューヨークのマリオット・マーキーズ(タイムズスクエア)で行われました。たくさんの企業が協賛につき(今回のメインスポンサーはROKK Vodka)、シルク・ド・ソレイユによるパフォーマンスが披露されたほか、マドンナのリミックスを手がけていることで知られるDJのトレイシー・ヤングなど、多くのセレブが会場に駆けつけました。
 「同性愛者の平等な権利のために貢献した人物」に贈られる最も栄誉ある賞「ヴィット・ルッソ賞」を受賞したリッキー・マーティンは、「言葉にならない。GLAADにはとても助けられた。今日僕は自由になれた」「GLADDを世界中が必要としている。この愛をアメリカ以外に広げたい。僕も手助けする」と熱くスピーチしました。
 また、HIP HOP界の重鎮であり、LGBTをサポートする活動も行ってきたラッセル・シモンズ(Def Jam)が「Excellence in Media Award」に輝きました。
 そのほかにもさまざまな部門の賞が発表されました。音楽賞に輝いたのはシザー・シスターズ「Night Work」でした。注目のテレビドラマシリーズ賞は、人間とヴァンパイアの共存を軸に人種差別や同性愛差別の問題を描いた『トゥルー・ブラッド』が受賞しました。トロフィーを受け取ったのは、『トゥルー・ブラッド』に出演しているオープンリー・ゲイの俳優、デニス・オヘアでした。また、TVジャーナリズム部門は、10代のゲイの自殺の問題をシリーズで取り上げたニュース番組「アンダーソン・クーパー360°」(CNN)が受賞しました。
 GLAADメディア賞は「LGBTコミュニティに関する優れたイメージ」に対して授与され、3回に分けて発表されます。残りの発表は4月と5月にそれぞれロサンゼルス、サンフランシスコで行われます。(編)

R・マーティン 授賞式で「自由になれた」(テレ朝NEWS)
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/geinou/geinou_news/contents/hot_20110321_130.html

GLAAD Media Awards in New York(GLAAD)
http://www.glaad.org/mediaawards/22/ny

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。