g-lad xx

NEWS

ガガ様が6月、被災者支援のために来日!

 いち早くチャリティブレスレットを製作して200万ドル超を売り上げ、個人としても5万ドルを寄付し、さらに「私はいつでも喜んでみなさんを助けます。アイシテマス。ミンナノタメニイノッテマス」というビデオレターを日本に送るなど、東日本大震災の被災者に対して惜しみない支援を行ってきたレディ・ガガが、今度は6月に緊急来日するそうです。MTVが6月25日に幕張イベントホールで開催する「ビデオ・ミュージック・アワード・ジャパン(VMAJ)」に出演することが発表されました。
 震災の影響を受け、海外アーティストの来日公演が続々と中止、延期となり、原発事故が発生したこともあって在日外国人が続々と日本から脱出し、多くの大使館も帰国勧告を出しているなか、ガガはあえて来日を決めたのです。MTVがVMAJのチャリティ開催を提案したところ、ガガは「もちろん、行く」と二つ返事で出演を了承したそうです。「(私の)ファンのみんな1人1人にも支援してもらいたくて、その方法を示すために参加することを決めました」
 MTV側もガガの来日決定を受け、タイトルを「MTV ビデオ・ミュージック・エイド・ジャパン」と変更し、被災者支援コンサートとして開催することを決めました。このイベントの模様はMTVを通じて全世界に放送され、約6億人が視聴するといわれています。ガガはすでにしてゲイアンセムとなっている『Born This Way』を披露する予定だそうです。日本に来てくれるだけでも素晴らしいのに、日本中が注目するだろうステージで「ゲイだろうとストレートだろうとバイセクシュアルだろうと、レズビアンだろうとトランスジェンダーだろうと、私は正しい道を歩いてる」と歌ってくれるなんて…ライブで聴けたら、感激のあまり号泣しそう…「ぜひ行きたい!」という方、多数だと思います。このイベントの参加方法ですが、チケット制ではなく、無料の招待制(抽選)で、近日中に詳細が発表される予定です。応募方法がわかったら、またお伝えしたいと思います。


 『Born This Way』といえば、誰も想像もしなかったニュースが入ってきました(ある意味、これも「祈り」です)
 ガガは『ハーパース・バザー』誌5月号のインタビューで、『Born This Way』を作ったのは自分ではなく、昨年2月に他界したデザイナーのアレキサンダー・マックイーンが天から自分を動かして制作したものだと語りました。「(マックイーンが)すべてを計画した。彼の死の直後に自分は『Born This Way』を書いたけど、彼が天国から操り人形を動かすように糸を操作してすべてを計画したのだと思う」。レコード会社が『Born This Way』のリリース日を決めたとき、ガガはそのことを確信しました。マックイーンの命日である2月11日だったからです。
 全編マックイーンで彩られていた『Bad Romance』のPVが絶賛され、グラミー賞やMTVビデオ・ミュージック・アワードをはじめ数多くの最優秀ビデオ賞に輝いたときのように、『Born This Way』が「新時代のゲイアンセム」と讃えられ、世界を熱狂させていることを、天国のマックイーンもきっと喜んでくれていることでしょう。(編)
 


ガガ原発事故なんの被災者支援やって来る(朝日新聞)
http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201104140019.html

レディー・ガガ、6月に1年ぶり来日で被災地にエール(ORICON STYLE)
http://www.oricon.co.jp/news/music/86624/full/

レディー・ガガ、最新シングルは自殺した友人が「制作」(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-20613720110414

INDEX

SCHEDULE