g-lad xx

NEWS

モスクワ・プライドがまたしても暴力的に弾圧されました

 5月28日にロシアの首都モスクワで開催される予定だったモスクワ・プライド・パレードが、またしても市当局によって禁止され、暴力的に弾圧されました。

 2010年までモスクワ市長をつとめていたユーリ・ルシコフ氏は同性愛を「悪魔的」と称し、2006年2007年2008年とプライドパレードを暴力的に弾圧してきた(血を流しながら警察に連行される参加者の写真が世界に報じられた)だけでなく、200件以上ものLGBTアクションを禁止してきたそうです。
 これに対し、昨年10月、ロシアの裁判所がゲイプライド開催の禁止は違法であるという判決を下し(詳しくはこちら)、また、欧州人権裁判所は、ロシアが人権と基本的自由の保護のための条約(欧州人権条約)に違反したという判決を下し、集会の自由や人権の尊重を求めました(詳しくはこちら
 そしてほぼ同時期に、ユーリ・ルシコフ氏が解任され、セルゲイ・ソビャーニン氏が市長に就任したこと、また、昨年11月にはサンクトペテルブルグでパレードが行われたこともあり(警察が参加者の安全を守ってくれたそうです)、今年こそは悲願のモスクワ・プライド開催が実現するのでは?と期待されていました。

 しかし、モスクワ・プライドの前の週、主催者のニコライ・アレクセイエフは、モスクワ市議会からプライド集会の開催を許可しない旨の手紙を受け取りました。手紙には「公の集会は、秩序を保つために、道徳を維持し、他の人々の自由や権利を守るために、禁止されうる」と書かれていたそうです。
 モスクワ市当局が語ったところによると、宗教的保守派からの脅迫的な手紙が寄せられていたそうです。「手紙の多くは、イベントを開催すれば、抗議の波が大きくなり、公の秩序を乱す暴徒と化す可能性があるという意見だった」

 オープンリー・ゲイで活動家としても知られている俳優のイアン・マッケランは、この禁止令に対し、このような声明を発表しました。
「モスクワ市長はいくじなしだ。モスクワにおいてゲイやレズビアンをストレートと同等と見なさねばならないという事実に直面するかわりに、保守派に迎合した。市長は保守派がかみつける肉として、ゲイを放った」「1980年代にはマーガレット・サッチャー首相がイギリスで同様のことをしたが、結局は、不正に対して戦ったゲイとその家族、友人に完敗した」「チャイコフスキー、ディアギレフ、ヌレエフの国を、5月28日に行進するみなさんの勇気に、心からのサポートを送ります」「幸運を祈ります」
 パレード参加を表明していた人権活動家ピーター・タッチェルは「モスクワのような大都会の市長が、ロシアの法のもとで平和的に行われるパレードをやめさせようとするとは恥ずべきことだ。欧州人権裁判所で禁止は違法とされたのに、禁止するとは驚きだ」と語りました。

 そして5月28日当日、ニコライ・アレクセイエフらは、クレムリンの外で、メディアや警察に囲まれながら、プライド集会を試みました。しかし、レインボーフラッグやプラカードを取り出した瞬間、警察に取り押さえられたのです。
 パレードを妨害しようとする集団もいたそうです。彼らは「ソドムを倒せ」と叫び、エルトン・ジョンの写真を引裂き、踏みつけたといいます。「これは変態どもへの抗議だ」
 警察の中には、そうしたアンチ・ゲイの暴徒からパレード参加者を守ろうとする人もいたようです。しかし、結果的には、平和的にデモを行おうとしていた数十人の活動家が逮捕されることとなりました。その中にはパレードに参加しようと駆けつけたダン・チョイ(ゲイであることを理由に米軍を除隊されたことで知られる活動家)、アンディ・セイヤー(シカゴを拠点とするゲイの活動家)なども含まれていました。「右耳がジンジンして出血している」とチョイは逮捕後につぶやいていました。
「モスクワ当局はまたしても原始人のように野蛮に振る舞った」とニコライ・アレクセイエフは語りました。彼によると、逮捕された数十人はすでに釈放されているそうです。(編)



Moscow bans gay Pride march – again(LGBT weekly)
http://lgbtweekly.com/2011/05/26/moscow-bans-gay-pride-march-again/

イアン・マッケランがモスクワ市長を「いくじなし」ゲイ・プライド・パレード禁止に猛抗議(シネマトゥデイ)
http://www.cinematoday.jp/page/N0032675

Threats and Arrests at a Gay Rights Rally in Moscow(New York Times)
http://www.nytimes.com/2011/05/29/world/europe/29russia.html

 

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。