g-lad xx

NEWS

青森でも映画祭が開催されます

 7月3日(日)、青森市で第6回青森インターナショナルLGBTフィルムフェスティバルが開催されます。

 東京をのぞくと、地方でこれまで定期的に映画祭が開催されてきたのは、関西クィア映画祭(今年で6回目)、香川レインボー映画祭(今年で7回目)と、この青森インターナショナルLGBTフィルムフェスティバルということになります。もともと地元に盤石なコミュニティがあったわけではない青森で映画祭をスタートさせたのは、成田容子さんというアライ(支援者)の方です。
 青森公益信託 青森県ボランティア基金「青い森ファンド」の助成を受け、特定非営利活動法人 NPO推進青森会議の後援を受けるなど、「公」の支援を取付けているところはスゴイと思います。
 今年上映されるのは、昨年の話題作『スプリング・フィーバー』や『しみじみと歩いてる』、短編作品です。
 東北方面の方、お出かけしてみてはいかがでしょうか。


第6回青森インターナショナルLGBTフィルムフェスティバル 
日時:7月3日(日)13:00~
会場:アウガ5F カダール AV多機能ホール(青森市新町1-3-7)
入場料:1日通し券 前売り2000円 当日2500円 学割1500円、1プログラム券 前売り1000円 当日1200円

 なお、今年はこの映画祭に関連して「多様な性にYes! IDAHOメッセージ展」が同時開催されます。「やっぱ愛ダホ!」に寄せられたセクシュアルマイノリティの方のメッセージを展示するもので、2009年から青森県のLGBTサークル「スクランブルエッグ」によって行われてきました。今回は映画祭とのコラボレーションが実現したものです。「映画とメッセージを通して、多様な性をより身近に感じていただける一日になれば幸いです」
 
多様な性にYes! IDAHOメッセージ展 
日時:2011年7月3日(日)12:00~18:30
場所:アウガ5F カダール AV多機能ホール前
入場料:無料

INDEX

SCHEDULE