g-lad xx

NEWS

「akta」と「dista」で「世界エイズデー」キャンペーンに関するフォーラムが開催されます

 厚生労働省とエイズ予防財団は、毎年12月1日の世界エイズデーに向けて、国内キャンペーンのテーマを設定しています。そのテーマの決定プロセスにできるだけ多くの人に関わっていただけるよう、エイズ予防情報ネット(API-Net)を通じて意見を広く募集しています。それだけでなく、今年度は、二丁目のコミュニティセンター「akta」と堂山のコミュニティセンター「dista」で公開フォーラムが開催されることになりました(それぞれ6月14日と21日に開催されます)
   
 みなさんから寄せられた意見は、エイズ予防財団が集約し、公開フォーラムで中間報告を行います。フォーラムに参加できない方、参加後に追加の意見表明を希望する方が後で意見を寄せることができるよう、募集期間は6月30日まで設定されています。キャンペーンのテーマは、フォーラムおよびエイズ予防情報ネットに寄せられた意見を参考にしながら、エイズ予防財団の作業班で候補案を策定し、厚生労働省が最終決定を行います。
 また、「今年度のキャンペーンのテーマ案やテーマに関するアイデアだけでなく、エイズキャンペーンはどうあるべきか、HIV/エイズ対策の啓発メッセージはどのような方向性を目指すのかといったご意見も幅広くお寄せください」とも書かれています。この機会に厚労省やエイズ予防財団に何か伝えたいことがある方、HIV予防啓発について意見がある方も、参加してみてはいかがでしょうか?

 フォーラムの日程は以下のとおりです。どなたでも参加できます。
■東京
日時:6月14日(火)午後7時~9時
場所:コミュニティセンター「akta
■大阪
日時:6月21日(火)午後7時~9時
場所:コミュニティセンター「dista

INDEX

SCHEDULE