g-lad xx

NEWS

「gay」とググってみてください

 Googleで「gay」「lesbian」「bisexual」「transgender」「transsexual」「LGBT」「queer」「homosexual」などのキーワードを検索すると、検索ウィンドウの右下に6色の虹(レインボーカラー)が現われることがネット上で話題になっています。

 Google社は2008年、カリフォルニア州で同性婚を禁止する州法改正の住民投票(Prop8)が行われた際、反対(つまり同性婚に賛成)の立場を明確にし、同性婚推進キャンペーンへの協賛(資金提供)も行いました。また、今年のサンフランシスコのパレードでは社員300名以上が歩くとアナウンスされています。本国だけでなく、昨年は東京プライドパレードにも協賛してくれました。グーグルジャパンの採用ページを見ると、東京プライドへの協賛のことが(かなり目立つかたちで)紹介されています。
 このように素晴らしくゲイフレンドリーなGoogleは、毎年6月、プライドマンス(欧米では、1969年6月末のストーンウォール事件を記念し、6月をプライド月間と定め、パレードなどのイベントが開催されます)を祝福し、こんな遊び心のあるプレゼントを用意してくれているのです。
 
 この粋な計らい、昨年はレインボーカラーのバーが表示されるかたちでしたが、今年はこのように、より「虹」らしいデザインとなりました。
 ちなみに、虹が現れる検索ワードは、上記以外にも「drag queen」「drag king」「stonewall」「gaypride」「pride parade」「gay marriage」「marriage equality」「queer theory」「GLAAD」「HRC」など、いろいろあります。(逆に「sexual minority」「rainbow flag」「pink triangle」などはそのままです)
 反応するのは英語のワードだけですが(「同性愛」「ゲイ」などは未対応)、みなさんもちょっとしたお楽しみとして「虹がかかることば」を探し出してみてください。(編)


グーグルで「LGBT」を検索すると、“虹”が現れる?(RBBTODAY)
http://www.rbbtoday.com/article/2011/06/20/78092.html

Google Shows Gay Pride With Search Rainbow(Twellow.com)
http://www.webpronews.com/google-shows-gay-pride-with-search-rainbow-2011-06

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。