g-lad xx

NEWS

シンガポール「建国の父」の孫で現首相の甥にあたるリー・フアンウーさんが南アフリカで結婚しました

 シンガポールのPINK DOTが第10回を迎え、「建国の父」リー・クワン・ユーのお孫さんがカムアウトしましたというニュースでお伝えした李桓武(Li Huanwu、リー・フアンウー)さんが、南アフリカ共和国で結婚したことを、美しい風景のなかでパートナーと楽しむ姿を写した画像とともに報告しました。
 
 リー・フアンウーさんは、シンガポール「建国の父」リー・クワン・ユー氏のお孫さんで、現在の首相であるリー・シェンロン氏の甥にあたる人です。
 フアンウーさんは25日、「ピンクドット・シンガポール」の主催団体が運営する公式インスタグラムに、パートナーの方と南アフリカの雄大な景色や満天の星を楽しんだり、象と戯れたり、仲むつまじく過ごす美しい写真とともに、南アフリカで結婚したことを発表しました(南アフリカ共和国は、アフリカで唯一、同性婚が認められている国です)。「今日のような出来事が起きるとは想像もつかなかった。このような機会を友人や家族と共有できるのを喜んでいる」とコメントしています。

 シンガポールでは、イギリスの植民地だった頃の名残であるソドミー法(同性間の性行為を禁じる法律。2年以下の禁錮刑が科せられる)が残存していて、90年代には実際にゲイの人たちが逮捕され、鞭打ち刑にされたりしています。2007年の法改正の際、これを撤廃するべきだとする運動が起こり、「同意の上の私的関係は起訴しない」と政府が名言しましたが、違法とする条文自体は残りました。

 フアンウーさんの父親であるリー・シェンヤン氏は、「父(リー・クワン・ユー)はとても喜んだだろうと思う」とコメントし、息子の結婚に理解を示しました。
 リー・シェンロン首相が知っているのか、どのような反応を示しているのかは、まだ伝わってきていません。

 ピンクドットの元祖である「ピンクドット・シンガポール」。第11回を数える今年は、6月29日(土)17時からホン・リム公園で開催されます。
 パレードが禁止されているシンガポールで、みんなで公園にピンク色の服を着て集まり、ピクニックのようなイベントを開催し、上空からの集合写真を撮り、LGBT+ALLYがこんなにたくさん集まったんだよ、ということをアピールし、少しでも社会がいい方向に変わることを願う、という趣旨で「ピンクドット」というイベントが開催されるようになりました。これに共感した他の街で、あるいは同じようにパレードをやることが難しい街(たとえば沖縄の那覇)で、ピンクドットが開催されるようになっていきました(今年の「ピンクドット沖縄」は9月1日開催だそうです)
 そして今年、韓国のソウルで初めてピンクドットが開催されることになりました。第20回を記念するパレードが6月1日土曜日、ピンクドットがその前夜、5月31日金曜の夜です。ソウル広場で開催されます。
 



シンガポール首相のおいが同性婚「想像もつかなかった」(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASM5W5FDBM5WUHBI01H.html

INDEX

SCHEDULE