g-lad xx

NEWS

田亀さんの『弟の夫』が金沢大の入試問題の題材に 

 金沢大学の今春の文系後期一括入試(小論文)の設問で、田亀源五郎さんの『弟の夫』などを題材にして、性的マイノリティの子どもへの対応を考える問題が出題されていたことが明らかになりました。
 
 問題文は以下の通りです。

漫画『弟の夫』(双葉社)の一部を読んだ上で、性的マイノリティの子どもが今後、不利益を被ることなく学校生活を送るために、教師やクラスメートなど、周りの人たちはどういった対応を取ればよいとあなたは考えますか。資料1~4を踏まえた上で、具体的な提言を交えながらあなたの考えを700字以内で述べなさい。(一部改題)

 『弟の夫』の中で設問の題材に使用されたのは、カナちゃんの同級生の兄である中学生のカズヤくんが、ゲイであることをずっと誰にも相談できず、つらい思いを抱えていたのですが、同性結婚したというマイクのことを聞いて、話をしたくて、家に訪ねてくるという場面です。
 
 そのほかにも、性的マイノリティの自殺対策(生きる支援)に取り組む団体「いのち リスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン」による2013年の調査の結果で、異性愛ではない男子が小学生から高校生の間にいじめや暴力を受けた経験は、言葉による暴力が53%、無視や仲間はずれも34%にのぼるという報告が上がったということ、性的マイノリティについて学校で学んだ経験などのグラフ(高校生で学んだ経験がある人は男女ともに2割もいませんでした)なども資料として使用されているそうです。
 
 大学の入試でこのような設問がなされた背景として、セクシュアリティ教育を専門とする埼玉大の渡辺大輔准教授は、「性的マイノリティをめぐる問題への関心の高まりがある」と語ります。文系後期一括入試で出されたということは、幅広い人権感覚が文系の学問には必要だ、という大学のメッセージとも言えます。
 そもそも、性的マイノリティの子どもは自分自身を肯定的に捉えることに困難を抱えることが多く、トランスジェンダーの子であれば、自認するジェンダーとは別のジェンダーを日々求められ、同性に恋愛感情が向く子どもは「同性を好きになるのはおかしい」という価値観が支配的である環境で、自分を受け入れることが難しくなります。ともに自己肯定感は低くなりがちで、自殺を考える割合も高いことが指摘されています。
 性的マイノリティの子どもは昔からいて、決して新しい話ではありませんが、そういう子どもが抱える生きづらさが可視化され、人権課題として認知されてきたのは、近年になってからです。
 性の多様性への関心は今後更に高まり、授業などで取り上げられる機会も増えるとみられていますが、大事なのは、人権課題として抱える困難にきちんと目を向け、学校のあり方を見直すこと。そのうえで、生まれた時にあてがわれた性別のまま生きる「シスジェンダー」も、異性を好きになる「異性愛」も含めて「性は多様である」ということを学ぶ視点である、と述べられています。マイノリティを特別な存在として「付け足す」ことは、多様性の尊重とは異なります。渡辺准教授が東京都内の中学校で授業をしたとき、「同性愛」「性同一性障害」という言葉は多くの生徒が知っていたものの「異性愛」は半数しか知らず、異性を好きになることを何と言うのか尋ねたところ「フツー」という返事が返ってきたといいます。同性愛と異性愛が対等な言葉として伝わっていないのです。これからのLGBTについての教育の課題の一端が見えてくるようなお話でした。

 ともあれ、数年前までは、まさか田亀さんの作品が入試で使われる日が来るなんて、誰も想像してなかったと思います。感慨深いですね。
 
  

入試に同性愛めぐる設問が…「大学からのメッセージだ」(朝日新聞)
https://digital.asahi.com/articles/ASM6C4SJMM6CUTIL01K.html
 

INDEX

SCHEDULE