g-lad xx

NEWS

英国のウィリアム王子が「子どもがLGBTQであっても全く構わない」と語りました

 英国のウィリアム王子は6月26日、ロンドンで開かれたLGBTQ支援団体の会合で、自分の子どもたちが同性愛者であっても「全く構わない」と語りました。

 ウィリアム王子が訪ねたのは、LGBTQの若者を対象にホームレス支援を行う慈善団体「アルバート・ケネディ・トラスト(Albert Kennedy Trust=AKT)」。どんな質問に対しても、オープンに答えていたそう。
 妻キャサリン妃との間に長男ジョージ王子はじめ3人の子がいる王子は、あるスタッフから「自分の子がゲイなんだ、レズビアンなんだ、とカミングアウトしたらどうしますか」と問われ、「つい最近、他の親たちからも同じ質問を受けたばかり。なので、それについてじっくり考える時間があった」「私も父親になるまで、そのことについて深く考えたことはなかった。でも、もし子どもたちにカミングアウトされたとしても、『まったく問題ない!』と改めて思う。彼らがどんな決断をしても尊重したい」と語りました。ただ「心配なのは同性愛者かどうかではなく、彼らがさらされるプレッシャーだ」とも。「特に我が家の場合」「憎悪の言葉や迫害、差別を受けないかと、親の目線で心配になる」と語りました。「みんなで乗り越え、過去のものにしないといけない」「LGBTQであることが普通のこと、かっこいいことなんだという世の中に変わっていくといいね」
 
 これに対し、BBCのLGBT担当記者は「英王室のメンバーがLGBTの権利と、彼らの平等への戦いに賛同することには、大きな意義がある」と解説。英連邦の中には、未だに同性愛行為が違法とされる国が多いことを指摘し、「王子の言葉がこれらの地域に良い影響をもたらすか、多くの人が関心を寄せている」と報じました。

 ロンドンでは5月末、深夜にバスに乗っていたレズビアンカップルが男の集団に侮辱された上で殴るなどの暴行を受けた事件がありました。LGBTを狙ったヘイトクライム(憎悪犯罪)が社会問題になっています。
 英国はもちろん、世界的にも、ウィリアム王子の言葉が、多くのLGBTQにとっての希望になるのではないでしょうか。本当に素晴らしいメッセージでした。



自分の子「同性愛者でもよい」 英・ウィリアム王子 (FNN)
https://www.youtube.com/watch?v=uEP0wtIkQZg

自分の子「同性愛者でもよい」=英ウィリアム王子、差別に懸念(時事)
https://news.livedoor.com/article/detail/16684344/

「自分の子ども、LGBTでも全く構わない」英ウィリアム王子(共同)
https://mainichi.jp/articles/20190627/k00/00m/030/113000c

ウィリアム王子「我が子がLGBTなら全面的に支える」(朝日)
https://digital.asahi.com/articles/ASM6W5G3MM6WUHBI02C.html

英ウィリアム王子、子どもがゲイでも「全く構わない」(ロイター)
https://jp.reuters.com/article/britain-royals-idJPKCN1TS09L

ウィリアム王子、もし子どもたちがLGBTQになっても「まったく問題ない!」(ELLE)
https://www.elle.com/jp/culture/celebgossip/a28202440/william-george-lgbtq-190627-hns/

ウィリアム王子、子供からLGBTQだと打ち明けられたら「全面的に支持します」(ハフィントンポスト)
https://www.huffingtonpost.jp/entry/prince-william-he-support-his-children-lgbt_jp_5d1434d1e4b0d0a2c0ab8f7a

「もし我が子に同性愛を打ち明けられたら?」ウィリアム王子の回答に注目(フロントロウ)
https://front-row.jp/_ct/17283239

INDEX

SCHEDULE