g-lad xx

NEWS

不朽の名作『そらいろフラッター』のおくらさんの新刊『うちの息子はたぶんゲイ』が発売、トークイベントも開催

 不朽の名作『そらいろフラッター』の作者であるおくらさんの新作『うちの息子はたぶんゲイ』の単行本が8月22日、発売されました。25日にはトークイベントも開催されます。

うちの息子はたぶんゲイ(1) (ガンガンコミックスpixiv)
おくら:著/スクウェア・エニックス
 
 高校を舞台にした、僕らが夢に思い描いていながら現実に起こることはそうそうない、超ロマンティックでドラマティックで苦しくもある壮大なラブストーリーであり、ゲイの恋愛を描いたコミック作品の中でも名作中の名作である青春漫画『そらいろフラッター』。月刊コミック誌『ガンガンJOKER』でリメイク連載がスタートし、単行本も完結し、めでたしめでたし、だったのですが、作者のおくらさんは早速次の作品『うちの息子はたぶんゲイ』をSNS上で発表し、好評を博して単行本化が実現、ガンガンpixivで連載もスタートしました。1巻には「ヒロキの小さい頃のお話」「お母さんが『息子のこと』に気づいたエピソード」など50ページ以上が描き下ろされています。

 『うちの息子はたぶんゲイ』は、夫が単身赴任のため、2人の息子と3人暮らしをしている母・知子の視点で描かれる家族コメディです。長男の浩希はおそらく男の子のことが好きで、家族にはそれを隠そうとしているけれど、嘘がつけない性格のため、バレバレなときもあります。知子はそれに気がついているけど、浩希には何も言わず、「うちの息子はたぶんゲイで、素直でとってもかわいいのだ」と、温かく見守っているのです。そんな、ほのぼのしたイマドキな漫画です。
 紙でも電子書籍でも買えます。こちらでさわりを読んでいただけます。

 


 なお、8月25日には阿佐ヶ谷ロフトAで、トークイベントも開催されます。ゲストに紫原明子さん、加藤悠二さん、みぞぐちてつやさんを迎えて、作業風景や作品の裏話などを語るものになるそうです。『うちの息子はたぶんゲイ』1巻を持参するとサインももらえるそうです。

「うちの息子はたぶんゲイ」1巻発売記念トークイベント
日時:2019年8月25日(日)12:00開場、13:00開演
会場:東京都 阿佐ヶ谷ロフトA
料金:前売1800円、当日2300円(飲食代別、要1オーダー)
出演:おくら、紫原明子、加藤悠二、みぞぐちてつや

INDEX

SCHEDULE