g-lad xx

NEWS

HIV内定取消訴訟の判決で原告の男性が勝訴、社会福祉法人に賠償命令が下されました

 HIV陽性者が病院から内定を取り消され、提訴。本人尋問での病院側弁護士の質問があまりに差別的で、問題視されていますのニュースでお伝えしていた通り、HIV感染を申告しなかったことを理由に病院が就職内定を取り消したのは違法だとして、北海道の30代男性社会福祉士(Aさんとします)が、病院を運営する社会福祉法人北海道社会事業協会(札幌市)に対して慰謝料など330万円の損害賠償を求めて提訴していましたが、札幌地裁で9月17日、社会福祉法人に165万円の支払いを命じる判決が言い渡されました。

 訴状によると、Aさんは2017年12月、道内の病院の社会福祉士の求人に応募。面接で持病があるか問われた際、HIV感染していることを告げずに内定を得ました。その後、病院はAさんが以前患者として受診した際のカルテを発見し、AさんがHIV感染していることを知り、Aさんは「就労に問題はなく、他人に感染する心配もない」との診断書を提出しましたが、病院側は「虚偽の事実を伝えた」などとして内定を取り消したものです。
(この事件の経緯をハフィントンポストが漫画にしていますので、見てみてください)
 
 武藤貴明裁判長は「感染は極めて秘密性が高い情報で、他者に感染する危険も無視できるほどに低い。申告の義務があったとは言えない」としています。以前受診した際のカルテを見て病院が感染を把握したことについても「医療情報の目的外使用で違法だ」としたうえで「患者に寄り添うべき医療機関の使命を忘れ、HIV感染者に対する差別や偏見を助長しかねない」と非難しました。

 Aさんは判決を前に「パレードに合わせたかのように俺のプライド返還作戦も火曜日に終わろうとしてる。どんな色であれ「誇り」を持っていいと思います」と心境を語っていました。そして迎えた当日、判決が出ると「勝訴!」「100点満点のかなり踏み込んだ判決内容でした。やっと少し肩の荷が降りた」とコメントしました。直後の新聞の取材に対しては「泣き寝入りしなくてよかった」と語りました。
 判決後の記者会見では「相手に感染を伝えることで不利益を受ける怖さに日々さらされながら生きてきた」「司法がここまで認めてくれたことに感謝している。これで差別や偏見がなくなるわけではないが、少しずつ社会全体で考えていってほしい」と語りました。
(本当によかったです。おめでとうございます)


 

内定取り消しで賠償命令 HIV告知不要、札幌地裁(共同通信)
https://this.kiji.is/546514570089022561

HIV内定取り消しで賠償命令=男性が社会福祉法人訴え-札幌地裁(時事通信)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019091700160

内定取り消しで賠償命令 HIV告知不要、札幌地裁(日経新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49868040X10C19A9CC0000/

HIV内定取り消し訴訟 病院側に賠償命令 札幌地裁(北海道新聞)
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/345365/

HIV感染理由に内定取り消し「違法」…165万円賠償命令(読売新聞)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190917-OYT1T50142/

HIV感染者の内定取り消しは違法 雇用主側に賠償命令(朝日新聞)
https://digital.asahi.com/articles/ASM9K3GRFM9KIIPE00F.html

HIV内定取り消し訴訟、傍聴して感じたことをマンガにしてみた。(ハフィントンポスト)
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5d7dde6ee4b03b5fc884f037

INDEX

SCHEDULE