g-lad xx

NEWS

これで踊り納め! 伝説の「ラジオシティのゲイナイト」が一夜限りの復活を果たします!

 12月1日(日)、かつて伝説のゲイナイトが開催されていた「RADIO CITY日比谷店」(現「CLUB DIANA」)で、あの時代へのオマージュを捧げるパーティが一夜限りの(奇跡の)復活を果たします。その名も「さよなら RADIO CITY! 俺達の青春ゲイナイト!!」。再開発により「CLUB DIANA」が入っている建物が今年いっぱいでなくなるとのことで、最後にあの場所でもう一度だけゲイナイトを、ということで、Shangri-Laの吉田さんが企画してくださったパーティです。若い頃に「ラジオシティのゲイナイト」で忘れられない一夜を共に過ごした皆さんへのプレゼントです(もちろん、そうでない方も一緒に楽しみましょう)
 
 日本のゲイナイトは1980年代に関西と東京で産声を上げましたが、1990年代には、芝浦「GOLD」や新宿「LIQUID ROOM」などメジャーな大バコでも開催されるようになり、隆盛を見せます(いろんな伝説が生まれます)。かつて一斉を風靡し、DOOR CHECKが異常に厳しいことで話題となった「RADIO CITY日比谷店」でも1993年〜1997年の4年近くにわたり、毎月1回、日曜日の18時〜24時にゲイナイトが開催されていました。毎回500〜1,000名もの短髪・マッチョ・野郎系なゲイたちが集まり(野郎系ゲイナイトの元祖です)、アンダーグラウンドなNY HOUSEが鳴り響くフロアは上半身裸の男たちがひしめきあい(汗でヌルヌルに…)、そして終盤は、VOCAL HOUSEやゲイアンセム(『RESCUE ME』とか)で盛り上がり、なんとフロアの真ん中がコマ劇場のようにせりあがってGOGOのお立ち台状態に…というアガる演出もありました。
 まだネットがなかった時代、このナイトで出会ったり、そうでなくても、たくさんのイケてるゲイたちが大勢、同じ空間で飲んだり踊ったりしている光景に高揚感を覚えたり、「こんなに仲間がいるんだ」と思えたりした方は多かったハズ。
 そんな方々のなかには、「もうクラブとか、ゲイナイトとか行くことはないんだろうなぁ」と青春を懐かしんでる方もいらっしゃるかもしれませんが、この日だけは、20代?30代?に戻って、汗をかいて、ちょっとオテンバして、青春してみない?ということで、12月1日はぜひ、あの「ラジオシティのゲイナイト」をもう一度、一緒に楽しみましょう!



さよなら RADIO CITY
俺達の青春ゲイナイト!!

2019.12.01[SUN] 19:00-23:30
@ CLUB DIANA(元 RADIO CITY日比谷店)(千代田区有楽町1-5-2 東宝ツインタワーB2・B3F、東京メトロ 日比谷線 日比谷駅 A5出口)
当日:¥4,000 、前売り EARLY BIRD:¥3,500(限定500枚)、U29割:¥2,500(20〜29歳の方、要証明)
MEN ONLY
HOUSE

[MAIN FLOOR] “PAST & FUTURE”
RESIDENT DJ: KO KIMURA(21:00 – 23:30)
FUTURE DJS:  TACKHEY(19:00 – 20:00), M☆NARUSE(20:00 – 21:00)
FUTURE GOGO DANCERS: KO-SK, mAkey, NAOKI, NAWOTO, RIOTO, SASUKE, Satoshi, SUSUMU, TOSUSU, YUICHIRO
おもてなしボーイズ(VIP担当): DAISUKE, Katuo, RENTO, RICO, Ryusei, TOR, YUHEI, YUKIYA, YU-YA
DOOR BITCH: Rachel D’amour
お茶割りバー “UKATSU”: Eちゃん

[SUB FLOOR] “青春ラウンジ”
DJS: HIKO, DJ POI POI, crazist
FLOOR LADIES in DRAG: BIBIY GERODELLE, Sasha B Savannah, 枝豆順子, ベランダ チリトリス

INDEX

SCHEDULE