g-lad xx

NEWS

横浜市で同性パートナーシップ証明制度がスタート、初日に9組が宣誓

 横浜市で12月2日から「横浜市パートナーシップ宣誓制度」がスタートし、初日に9組のカップルが宣誓を行い、証明書を受け取りました。

 同制度が対象とするのは2人とも市内に住むか、1人が市内に住んでいてもう1人も転入予定の成人のカップル(性別は問いません)。外国人の方も3ヵ月以上の在留資格があれば対象となるそうで、希望者には宣誓書の翻訳(英語、中国語、ハングル)も配布されるそうです。宣誓書にサインをすると、二人に市から受領証とパートナーシップ証明のカードが手渡されます。
 法的な効力はありませんが、市営住宅への入居や、医療機関での家族としての承認など、結婚した夫婦と同様に公共サービスを受けられるよう支援策が検討されています。民間でも、携帯電話の家族割や生命保険の受取人の指定などの適用が可能になる見込みです。
 横浜市人権課の吉川正則課長は、「性的マイノリティへの理解は以前より広がっているが、まだ周囲に言えない人も多い。制度によって市民や事業者の理解が深まることを期待したい」と話しています。
 横浜市市民局人権担当理事の斉田裕史さんは、「暮らしのうえでの困り事を解消してもらえるよう、施策の範囲を広げていくなどしていきたい」と話しました。

 この日、横浜市のパートナーシップ第1号となったのは、市内港北区で同居する50代の女性カップル、鹿賀理恵子さんと椿久美さん(いずれも仮名)。お二人は「(制度導入を)今か今かと待っていたのでうれしい」と喜び、また、制度を「ゴールではなく、スタート」と表現し、同性婚の法制化に向けた動きが加速することに期待を寄せました。
 椿さんは「自分の暮らす地域が受け入れてくれることは、安心感につながる」と喜ぶ一方、「(宣誓は)法的な力がなく、国の法整備がないと目指すもの(法律婚)にならない」と語りました。
 鹿賀さんは13年前、オーストラリア人の同性パートナーがいましたが、パートナーががんを発症し、離職すると、日本に滞在するためのビザを延長できなくなり、帰国を余儀なくされました。結果、鹿賀さんが母国に付き添うかたちで看取ることになったそうです。「法律上の結婚ができれば、大好きな日本にいて、治療が受けられたはず」「このような苦しい思いをするカップルがなくなってほしい」と彼女は語ります。宣誓を導入する自治体が増えてきたことは歓迎しつつ、「この波を止めることなく、(動きが)進んでいってほしい」と語りました。

 それから、午前10時にはゲイカップルが宣誓の手続きを行いました。お二人は3年半前から交際をはじめ、現在は市内で同居しているそうです。パートナーシップ宣誓書受領証と受領証明カードを受け取った二人は「結婚の一歩手前のものができたんだなあ」と喜びました。
 お二人のうち37歳の方は、現在、理解ある同僚や上司に囲まれ、職場でカミングアウトできているものの、大学時代は周囲への伝え方に苦労したと振り返り、制度を「自分のことを説明するきっかけになる」と語りました。ただし、婚姻ではないため、相続や税金の控除といった法的効力はなく、会社で福利厚生として認められている配偶者の親の介護休暇を取得できる制度を利用できません。お二人は「一緒に生活するうえで支障になることは改善していきたい。その働きかけの一つとして宣誓は重要」と語りました。
 
 神奈川県内で同性パートナーシップ証明制度を導入した自治体は、横須賀市、小田原市に続き、3例目、全国では29例目となります。
 横浜市は人口が370万人超の人口規模日本一の基礎自治体(市区町村)です。今回、横浜市で同性パートナーシップ証明制度が導入されたことにより、日本で同性パートナーシップ証明を受けられる自治体に住んでいる人の人口が、一気に2000万人を超えると見られています。
 

 
パートナーシップ宣誓制度を開始 横浜市(テレビ神奈川tvkニュース)
http://www.tvk-kaihouku.jp/news_wall/post-5272.php

横浜市がパートナー制度開始 LGBT、事実婚も(共同通信)
https://this.kiji.is/574029063915570273

神奈川)横浜市でパートナー制度始まる 9組が宣誓(朝日新聞)
https://digital.asahi.com/articles/ASMD252ZXMD2ULOB00V.html

性的少数者や事実婚のカップル9組宣誓 「パートナーシップ制度」開始 横浜(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20191203/k00/00m/040/062000c

「結婚一歩手前のもの できた」 横浜市でもパートナーシップ制度(東京新聞)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201912/CK2019120302000121.html

「ずっと待っていた」横浜市パートナー制度に初日9組(神奈川新聞)
https://www.kanaloco.jp/article/entry-212556.html

INDEX

SCHEDULE