g-lad xx

NEWS

8歳の子どもがいるトランスジェンダーの方が、性別変更を認めるよう家裁に申し立てを行いました

 8歳の子どもがいる兵庫県在住の52歳のMtFトランスジェンダーの方が、戸籍上の性別の変更を認めるよう求める審判を神戸家裁尼崎支部に申し立てました。現行の性同一性障害特例法では、未成年の子がいる場合、戸籍上の性別を変えることができません。

 申し立てを行った方は、戸籍上男性として生まれるも、幼い頃から性別違和を覚え、約30年前からホルモン治療を始め、約25年前から女性の姿で仕事をしており、女性的な名前に改名し、今年、国内で性別適合手術も受けました。しかし、離婚した元妻との間に8歳の娘がいるため、「未成年の子がいないこと」という現行の性同一性障害特例法の要件に満たず、性別変更が認められません。
 職場の上司から女子トイレを使わないよう指示されたり、パスポートや保険証などの公的書類も「男性」と表記されるため、生活に著しく困難を感じているそうです。
 「子が成人するまで戸籍上の性別が変更されないことで、社会生活の不利益を受け続けるのは不合理だ」と訴えています。

 代理人の仲岡しゅん弁護士は、現行の性同一性障害特例法は「幸福追求権や法の下の平等を定めた憲法に違反する」と述べています。「問題となっている要件は、20年間待つことを余儀なくする。トランスジェンダーに子を産むな、持つなということ。少子化対策の国策に逆行しているし、時代の変化に合っていない」「性別変更は実態に戸籍を合わせる手続き。突然、父が母になるわけではなく、子の福祉に照らしても問題はない」
(ちなみに、仲岡しゅん弁護士もMtFトランスジェンダーの方です)
 
 
 2003年に成立、翌年に施行された性同一性障害特例法は、(1)20歳以上である(2)婚姻をしていない(3)現に子がいない(4)生殖機能を欠く(5)変更する性別の性器に近い外観を備えるという、5つの要件を満たさないと性別変更できないというものでした。「子がいない」の要件は、「家族秩序に混乱が生じ、子どもの福祉の観点から問題」との意見で盛り込まれましたが、当事者らの訴えを受け、2008年の法改正で「未成年の子」に緩和されました。
 この「子なし要件」をめぐっては、日本学術会議法学委員会も2017年9月に発表した提言で世界的に異例だと指摘し、性別変更は「外見と法的状態を合致させることであり、混乱を招くものではない。見直す時期にきている」と指摘しています。
 三成美保・奈良女子大教授(ジェンダー法学)は「海外では、性別の自己決定権が尊重される傾向にある。家族観が多様化するなか、裁判所がどう判断するか注目している」と語っています。

 
 
 
 
性別変更を求め提訴「特例法の未成年要件は違憲」(テレ朝)
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000170695.html

“8歳の娘いる”契約社員が女性への性別変更申し立て(ABC)
https://www.asahi.co.jp/webnews/pages/abc_4148.html

未成年の娘を持つ性同一性障害の親 性別変更を申し立て 「この法律を変えたい」(ytv)
https://www.ytv.co.jp/press/kansai/50109.html

“8歳の娘いる”が『性別変更』求め申し立て…法律上は“未成年の子がいない”が条件(MBS)
https://www.mbs.jp/news/kansainews/20191203/GE00030675.shtml

性別変更求め違憲性争う、兵庫 子が未成年、家裁で審判(共同通信)
https://this.kiji.is/574440521656271969

女性への性別変更、「未成年の子いない」要件は違憲と主張(読売新聞)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20191203-OYT1T50151/

性別変更申し立て 「子なし要件」無効主張 8歳娘がいる契約社員 家裁尼崎支部(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20191203/k00/00m/040/076000c

未成年の子いても性別変更を 52歳申し立て(産経新聞)
https://www.sankei.com/west/news/191203/wst1912030015-n1.html

8歳の子いたら性別変更ダメ? 「違憲」近く申し立てへ(朝日新聞)
https://digital.asahi.com/articles/ASMCT3TKJMCTPLZB00K.html

娘がいる戸籍上男性、性別変更求め審判申し立て 性別変更の要件「未成年の子なし」は違憲(神戸新聞)
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201912/0012928339.shtml

INDEX

SCHEDULE