g-lad xx

NEWS

「プライドハウス東京」の場所が「新宿マルイ アネックス」1階に決定、4月中旬からオープン

 東京2020大会を目前に控え、いよいよ「プライドハウス東京」の開設場所が発表され、新宿3丁目の「新宿マルイ アネックス」(バルト9が入ってるビル。世界堂の隣り。二丁目のすぐ近くですね)の1階にオープンすることが明らかになりました。4月中旬オープンだそうです。

 東京2020大会の期間中、LGBTに関する理解を広げるための情報を提供したり、LGBTの選手や家族、大会観戦のために訪れたLGBTの観光客などが安心して過ごすことのできる空間を提供するためのスペース「プライドハウス」が開設されることが3年前にアナウンスされました。その後、たくさんのNPO・専門家・アスリート・企業・大使館・自治体が連携することや、東京2020大会終了後はLGBTの若者を支援するセンターにしていきたいという構想が発表され、昨年はラグビーW杯に合わせて「プライドハウス東京2019」が神宮前交差点にプレオープンしていました。そしてこのたび、正式に「プライドハウス東京2020」として「新宿マルイ アネックス」1階にオープンすることが発表されました。

 プライドハウスは2010年のバンクーバー大会で初めて開設され、以降、五輪開催のたびに現地に設けられてきました(ソチ五輪だけは設置されませんでした)。「プライドハウス東京2020」は4月中旬にオープンし、パラリンピックが終わる9月中旬まで、5ヵ月間にわたって開設されます(5ヵ月はこれまでで最長だそうです)
 
 「プライドハウス東京2020」には、EY Japan、シスコシステムズ、大日本印刷、野村ホールディングス、パナソニックなど9の企業が協賛し、18の駐日各国大使館が後援。LGBTQやソーシャル関連の活動を行う26のNPOや個人とともに、「教育・多様性発信」「文化・歴史・アーカイブ」「セクシュアルヘルス・救済窓口」「アスリート発信」「祝祭・スポーツイベント・ボランティア」「居場所づくり」「仕組みづくり」という個別テーマを掲げた7つのチームに分かれ、協働プログラムを企画・実施していきます。
 この施設で具体的に何が行われるかというと、今わかっている範囲では、LGBTの歴史を紹介する展示のほか、LGBTのアスリートによる講演などが予定されているそうです。また、海外から訪れるLGBTやアライの旅行客などが交流できる場所としても利用されます。

 運営するプライドハウス東京は「東京に訪れる人にLGBTについて広く知ってもらい、多様性に関する遺産=レガシーが生まれる活動を目指したい」と話しています。

 2020年、この 「プライドハウス東京2020」で、東京五輪に出場するLGBTの選手が立ち寄ってくれたり、きっとたくさんの素敵な、伝説的な瞬間が生まれることでしょう。楽しみですね!

プライドハウス東京2020
期間:2020年4月中旬〜9月中旬
場所:新宿マルイ アネックス1階(東京都新宿区新宿3-1-26)
 

 


東京五輪・パラにあわせ LGBT理解深める施設 開設へ(NHK)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200212/k10012281551000.html

LGBTQとスポーツが主テーマの情報発信施設「プライドハウス東京2020」、4月〜9月、新宿三丁目にオープン決定!アスリート、NPO、専門家、企業、大使館等が連携し、多様性のレガシーづくりを目指す。(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000047.000019571.html

INDEX

SCHEDULE