g-lad xx

NEWS

ゲイゲームズを目指す水球チームの実話を映画化した『シャイニー・シュリンプス!』が7月公開

 ヒゲのマッチョだったりクマ系だったりな男性たちがプールサイドで「セーラームーン」コスプレでポーズを決めているこの写真、素敵ですよね。これは、実在するゲイの水球チームを題材にしたフランス映画『シャイニー・シュリンプス!』の場面写真なんだそう。7月に公開されるそうです。

 『シャイニー・シュリンプス!』は2019年のフランス映画初週動員数1位を記録した作品。
 同性愛者への心ない発言の罰として、元水泳選手でオリンピック銀メダリストのマチアスが、ゲイのアマチュア弱小チーム「シャイニー・シュリンプス」のコーチに就任する。「シャイニー・シュリンプス」のメンバーはパーティが大好きで、試合の勝ち負けには全くこだわらない。ストイックでカタブツなマチアスは、3ヶ月後にクロアチアで開催されるゲイゲームズに出場させるミッションを背負い、自分とは全くそりが合わないメンバーをまとめようと奮闘するが……。というストーリーです。

 共同監督で、実際に「シャイニー・シュリンプス」に参加しているセドリック・ル・ギャロ監督は、こう語っています。
「昔、ゲイの友人が誰もいなかったんだけど、ある日、女友達に参加を勧められてチームに会ってみたら、実に和やかな雰囲気で気に入ったんだ。何度も通っていると、あれよあれよというまに試合に出るようになり、メンバーと絆ができて。堅い友情で結束したチームメンバーは僕の親友たちだ。チームに入るってことがそんなに大ごとだなんて思わなかったのに、ありのままの僕を受け入れてくれる彼らに出会って人生が変わったよ」と語っています。
「10代の延長を派手にやっている感じかな……僕らの水球チームはもう何年も試合に勝ってないけど、練習とコスチュームには余念がない。上位に食い込むことは眼中になくて、狙うは『最優秀雰囲気』賞なんだ」
「奇異で過激と見られようと自分を貫く自由な仲間との旅は、人生観が変わるほどの経験だった。何よりも、つらい現実をユーモアで乗り切る彼らの圧倒的な強さを知ってもらいたいという思いから、この映画は誕生したんだ」

 男性版のシンクロをフィーチャーした映画としては『ウォーターボーイズ』が有名ですが、ゲイの水球チームの映画というのはおそらく初めて。ゲイゲイしいノリや、ゲイゲームズのシーンなども期待できます。楽しみです。
 
 
ゲイの水球チームが「セーラームーン」コスプレで笑顔!「シャイニー・シュリンプス!」場面写真(映画.com)
https://eiga.com/news/20200329/4/

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。